新着Pick
450Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
思ったことを2つ。

1つめは、静岡出身として、道州制のときには静岡を分割してほしいということ。静岡は面白い県で、JRは東日本と東海、NTTは西日本、電力は東京電力と中部電力。などと、西からも東からも影響を受けています。実際、伊豆あたりは関東の、浜松あたりは名古屋の文化圏です。今ある県のくくりで組み込もうとすると、必ずどちらかのサイドが違和感があります。それよりも、これを機に組み直してほしいなと。
山梨や長野とくっつくのもあると思いますが、間に山があるのと、新幹線の移動が楽で東西の方が近く感じるために、あんまりそっちは近い感覚がないんですよね。

2つめは、通勤を短くするなら退職者の郊外移転を進めるべきということ。高度経済成長期に働いていた人たちが、サザエさん一家くらいの場所に住んでいて、退職後も移動していないんですよね。若い世代は必然的にその外に住まざるを得ない。私鉄としては利用者が増えるので、たまプラーザのような外側の郊外の住宅地をどんどん充実させている。
ドイツ人の知り合いに聞いた話では、ヨーロッパでは、都心部の建物を建て替えられないというのもあるのか、退職したら郊外へ移住というのが一つの形なんだそうです。
日本でもその形にして、サザエさんエリアを現役世代に明け渡してほしいなと。さらには、その移住で地方に住む人も増えたりして、地方の消費活動が増えればいいんじゃないかと思うわけです。ただ、これを推進するにはあまりに都心が便利すぎるんですけどね。
自分の会社の社長と議論していた際に、同じようなロジックで「道州制」を推していて「へっ?」と新鮮だったので同じようなロジックでビックリした。
曰く、大きなくくりで地域で別れて権限を持てば、首都圏以外の持たざる地域は、それぞれの強みを活かして横並びでないことを色々なことをやっていくしかなく、それが活性化に繋がるのではないか、というもので、一理あるな、という気もしました。色んな特区を作ったりするだろうし、産業振興も進めそう
鉄道では稼げないJR九州が、ななつ星を生み出したり、鉄道外の事業を推進していったように。その意味では真剣に検討すべきなのかもしれません
確かに容積率の緩和と日照権の棚上げは都市の再生には欠かせない。ただ、耐震基準を満たさない民家などの強制的な耐震強化は必要
今回の連載は、論点が拡散していて、良く分からなかった。あと、なぜ道州制にすると、地方が活性化するのかが、未だに腑に落ちていない。問題の本質が地方交付税の在り方にあるのだとすると、既存の都道府県単位での権限移譲ではなんでダメなのだろうか。反対しているというよりは、ちゃんとその辺の細かい議論を知りたいという純粋な疑問ですが。
細かく分析したわけではないが、製造業の海外シフトを就業人口につなげるのは、違和感がある。もちろん要素としては否定しないが、下記総務省の資料にあるように、65歳以上人口が増加しており、それによって就業人口自体が減少している要素もあろう。
製造業は雇用の吸収力が大きい。それゆえ重要であり、だからこそ中国の「自動車合弁政策」(外資は必ず合弁でしか進出できない)などもある。為替変動もあるなかで、現地化の流れと、国内高度化によるマザー工場化、あとは国内需要を満たしていくというのは必須の流れ。
包括的な政策としては、特区合わせた医療・介護業種の成長促進が絶対的に必要。まずそもそも国内需要が高齢化によって大きく、それは社会保障費含めて大きな負担となる。そして医療・介護は、人手が必要なので、雇用吸収力もある。医療機器は、日本の製造業の中で輸入過多領域だし、医薬品も確かそう。海外でも高齢化が進んでいく中で、自動化・補助ロボットなどのノウハウを蓄積できれば、それは製造業や介護サービスノウハウの輸出といった形で、国内に新規産業を作る。
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h26/html/nc141210.html
都会の良さと田舎の良さをそれぞれ伸ばすさために、都会の人と田舎の人が簡単に行き来できることが必要なのだと思います。

何人かのピッカーさんがコメントされていますが、私も都会に人が集中しすぎだと感じます。地方に人(特に現役世代)が分散しない限り地方創生は難しいと思います。ひとつの場所に集中することは効率的ではありません。満員電車や家賃高騰、スペースの問題など考えれば明らかです。しかしながら、商売をすることを考えれば、人が多いところでする方が成功する確率は高まると考えるのは自然です。田舎では持続的に多くのお客さんを集めるのが大変ですから。

そして、これも何人かのピッカーさんもコメントされてますか、田舎が閉鎖的で排他的なのも地方創生を妨げると思います。地方に人を呼ぶためにまずは観光等で遊びに来てもらい、何度か来てもらうことでその土地に愛着を感じてもらい、最終的には住んでもらう。そのためには広く多くの方に来てもらうことが大切なのだと思います。地方の人々の考え方も変わらなければいけない。そのためには地方の人間が都会で生活する経験もとても重要だと思います。

そして、働く場所、住む場所の柔軟性も大切。NPでも東京から出身地でもない地方にきて活躍されて方々が紹介されています。「若手イノベーターたちの地方創生」
https://newspicks.com/news/1112275
こういう働き方をする人が増えることは、知識やアイディアそして活力がもたらされ地方の可能性を無限に伸ばせるのだと思います。素晴らしい例だと思います。

そして、日照権については論拠があるわけではありませんが、陽のあまり当たらない家ではよいアイディアや良好な家族関係も生まれにくいような気がします。美味しい野菜が育つにも陽の光は大切。日照権のある程度のルール化は必要だと思います。
地方創生は難しいと思う。NewsPicksでよく言われる東海岸と西海岸。アメリカでは距離もすごく離れているがNewsPicksの定義では都内の話。こんな話が出ている時点で誰も地方創生ができると思ってないんだということ。せめて東京と大阪、東京と福岡くらいの話が出てこないと難しいでしょう。
道州制には賛成です。今の県レベルでは地方創生を行うには規模感が小さすぎる。
道州制が良いのはわかるが、大阪都構想の住民投票結果からしても、結局は高齢者を中心に「住所表記変わるのがイヤ」「敬老パスなくなるんか」レベルで頓挫してしまう。道州制レベルの話になると、構想力より、実行力、実現力だと思うし、そこからも依然、橋下さんに期待してしまう。
地方は好き勝手にやっていい、というくらい規制緩和されると、あえて地方に注目する人は増えると思うんだよな。
こうすべきって論は聞こえはいいけど必要なのは実行力なんだな。やるべきってだけなら四国を老人と移民介護士だけの島にして東京大阪名古屋に若者だけの都会を作れば効率的じゃん。病人は九州で子どもたちの学習の場所は北海道とか。