• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

石丸伸二氏と蓮舫氏の2位争いを可視化、都市部で明暗分かれる  東京都知事選の得票分析

産経ニュース
451
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 赤井 厚雄
    badge
    株式会社ナウキャスト 取締役会長

    電子投票がデフォルトになれば、石丸伸二さん型の人材がますます力を得ることになるでしょう。若い世代の意向を積極的に吸い上げ、社会を変えるには、色々理屈をこねるより、選挙のやり方を変えるのが早道かもしれない、と言う気がします。


  • 小川 一
    badge
    毎日新聞 客員編集委員

    驚くほど予想通り、皮膚感覚と同じ結果です。

    「石丸氏は、都内62市区町村のうち53市町村で小池氏に次ぐ2位となった。23区においては全てで蓮舫氏を破り、特に中央区では2倍近い票数を稼いだ。近隣の千代田区、港区、品川区でも蓮舫氏に大きく差をつけた」

    「蓮舫氏が石丸氏を上回ったのは小金井市、東大和市、清瀬市、多摩市、日の出町、檜原村、奥多摩町、大島町、御蔵島村の4市3町2村で、いずれも多摩地域か島しょ部だった」

    驚きがあるとすれば、菅直人氏の地盤だった武蔵野市、三鷹市でも蓮舫氏が及ばなかったことでしょうか。

    ある雑誌の編集長が講演で言った言葉を思い出します。「高齢者は楽です。新聞やテレビの広告がそのまま届きます。SNSをどう使う、いつ使う、どう組み合わせる、炎上をどう避ける、なんて考えなくていい」
    有権者も世代交代が進んでいる。政治家が考える以上に進んでいたということだと思います。


  • 松田 崇裕
    badge
    TBSテレビ 報道局 総合編集グループ長

    石丸氏は完全な都市型選挙でした。SNSが牽引したことは言うまでもありませんが、ベースとなった街頭演説の回数は相当な量だったと思います。その意味ではハイブリッドな選挙戦でした。一方、実際に街頭で聞きましたが、政策の訴えはマイルド。私が見たときは3章構成で時間の区切りもキッチリしていました。SNSを意識した構成だったかもしれません。公式Xにアップされた写真、どこもすこい人出のように見えましたが、比較材料が乏しく現時点では正確なファクトチェックは出来ていません。蓮舫氏は支持政党と多摩地区の関係が色濃くでたと思います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか