• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

<独自>住友ファーマ、iPS細胞製造の新工場を国内建設へ 最大1万人分 木村新社長「新しい輸出産業に」

産経ニュース
86
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 高橋 義仁
    badge
    専修大学 商学部教授

    バイオ医薬品や再生医療の領域は製造にも高い技術を必要とする分野ですが、これまでは、大手企業が関心を寄せる対象から外れていたことが多かったと思います。

    再生医療の研究開発は、研究の自由度が高い大学等の研究機関に技術が蓄積する傾向があり、結果として製薬企業の役割が相対的に低下したことに加え、日本国内の医薬品市場が海外先進国とほど魅力的な市場ではないなどの、外部環境に関する事情があります。

    また、同社は既存医薬品の特許切れによる売り上げの急減の環境にあり、それに代わる新しい医薬品候補が思うように製品化できなかったという内部環境を有するため、同社においては、世界の企業に提供する汎用的な製造補助の領域で新規市場を安定的に取りたいとの考えに至ったということだと思います。

    研究室での研究と量産技術は別物ですし、バイオ医薬品のバリューチェーンは従来型の医薬品より製造に付加価値が認められる傾向にありますので、成功すれば収益性の向上が期待できるでしょう。


  • 宣本 花凜
    外資系メーカー ファイナンス部門

    すごい!遂に目に見える形でiPS細胞を使ったサービス提供が進むのですね。まずはパーキンソン病と網膜の疾患がターゲットと。ここはどんな親和性があったのか気になります。
    網膜の疾患をiPS細胞で、ということですが関連する眼科の手術もガラッと変わってくるのでしょうね。

    数年前に山中教授が出てらっしゃったNHKのプロフェッショナルで、実用化に向けて日々邁進されているのをみて感銘を受けていました。応援しています。これからも期待!!


  • 兵頭 卓
    国内ファーム 経営コンサルタント

    〉再生医療分野で令和9年度までに国内で事業を本格化させ、14年度に海外も含め年間売上高1千億円超の事業規模とすることを目指す

    先日の決算発表を踏まえると、もっと早期に数字に現れる施策が必要だろうなと思い中継を見てみたが、この記事にあるような具体性を伴った取り組みが見えないか。。(別紙には書いてあるのかもしれないが…と関西としては期待したい)

    https://www.sumitomo-pharma.co.jp/profile/mid-term-business-plan/roadmap/


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか