• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ブックオフGHD、24年5月期決算発表を延期 架空買い取りの可能性

REUTERS
122
Picks

AI要約(β版試験運用中)

  1. 1
    ブックオフグループホールディングスは2024年5月期の決算発表を延期することを発表した
  2. 2
    架空買い取りや在庫の不適切な計上による現金の不正取得の可能性があることが発覚し、特別調査委員会を設置することになった
  3. 3
    国内外の全店舗で臨時の棚卸しを実施し、臨時休業などが発生する見込み。業績への影響は精査中
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • Kondo Hiroto
    badge
    株式会社BookBase CEO

    ブックオフはまだまだ厳密な商品管理のシステムができてないですしね。
    古物を扱うというのは、なかなかその辺りの管理も難しいですし、最近は大きい店舗も増えて、扱う品物も増えているので、管理体制が追いついてないなかで、横領などの問題も発生しやすい環境になっているということではないかなと思います。


  • 谷頭 和希
    badge
    チェーンストア研究家・ライター・批評家

    ブックオフとは言っても、近年では、ブランド品や家電、トレカなどさまざまな商品を扱い、商品管理が煩雑かつ複雑になっていたブックオフ。
    今回のニュースだけでは事情は分かりませんが、在庫管理が非常に煩雑になっており、その隙を狙っての犯行だったのではないでしょうか。
    かつてと比べると業績も上がっていただけに、今回の騒動が、全体利益に対してマイナスにならないことを祈っています。


  • Sasaki Ryo
    Investor, Inventor

    棚卸しは何ヶ月に何回?
    複数店舗で行われていたということは、いままで各店での棚卸し時の差異で気付けなかったということ。要は、それだけ毎回棚卸しである程度のマイナスが出ていた。つまり万引きなど含め商品数が合わなくなる理由がかなりあった。

    今回はたまたまその範囲を逸していたため調査したところ、この事案が分かり、他の店舗でも調査したらどんどん出てきたってところではないでしょうか。
    真面目にやっていた店舗の責任者は嫌になるでしょうね、内も外もで。これで週に何回も来店するクレーマーなんていようものなら自分なら発狂してしまう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか