• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【ゴンチャ】タピオカブームでは終わらない、カフェ界の「刺客」

NewsPicks編集部
394
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 小林 伸代
    NewsPicks 編集部記者

    タピオカのイメージがあるゴンチャですが、実はタピオカブームが終わった後も、コロナ禍でも店舗数を伸ばし続けています。
    その理由、どういったブランドになることを目指しているのか、ゴンチャの角田CEOにインタビューしてきました。

    角田CEOが目をつけているのは「ティー」としてのカフェ。カフェといえばコーヒーチェーンのイメージですが、そこにティー専門店として挑もうというわけです。


  • 占部 伸一郎
    badge
    コーポレイトディレクション Managing Director

    多くの人がタピオカブームの終焉とともに失速すると思っていただろうゴンチャ。ブームの終焉だけでなくコロナもありながら、順調に店舗数を伸ばしていてすごい
    マックやベネッセでCEOをやった原田さんの移籍が話題になりましたが、彼の手腕なのかと思いきや、調べてみると、2021年に一身上の都合で退任されていたようで知りませんでした


  • 曽根 秀晶
    badge
    ランサーズ株式会社 取締役

    面白いですね。脱タピオカ(だけどタピオカのイメージはまだ強い)、脱テイクアウト(だけどテイクアウトも一定規模)、という方針を掲げながら、日本市場でどこまで「ティーカフェ」の業態をどこまで広げていけるか。

    「meよりもweの世界観」というのは、思想としては綺麗ですが、スタンドではなくカフェとしての投資が必要になりますし、回転率は必ずしも高くない。経営としての矛盾に、ゴンチャ全体としてどう取り組むか。

    Starbucksも、「3rd place」という有名なコンセプトを掲げているため、タバコやお酒は提供してこなかったけれど、「Starbucks Reserve @Roastery」では、見事に・きれいにその矛盾を昇華するコンセプトで新たな業態・価格帯・顧客層の店舗を開発している。ゴンチャの今後の業態開発には注目したいと思います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか