• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【3分解説】トヨタ・マツダ・スバル「エンジン宣言」の真意

NewsPicks編集部
469
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • NewsPicks 記者

    トヨタ・マツダ・スバルの国内大手3社がそろって「エンジン開発に力を入れる」と宣言しました。車の脱炭素=EVといった語られ方がある中で、この3社にはどんな思惑があるのかまとめてみました。

    しかし個人的には発表内容とおなじくらい、3社トップ、特にトヨタの佐藤社長の表情が印象に残っています。「エンジンでご飯3杯いける」発言(詳しくは記事をご覧ください🙇)も含めて、本当にエンジンが好きな、生粋のエンジニアなんだなあと感じました。
    そのエンジン技術を脱炭素にどう活かすか、今後は3社のもっと具体的な協業話も出てきそうな予感です。


  • badge
    コーポレイトディレクション Managing Director

    先日話題になっていた日系3社による新型エンジンの発表ですが、エンジンを小型化することで燃費向上するとともに、ハイブリッドにおいても、エンジン主で電気補助から、電気主でエンジン補助というコンセプトで作るための布石である、という解説は、なるほどー、と感じました
    HIVが「ありよりのなし」から「なしよりのあり」になるということでしょうか 笑
    世界が完全なBEVに走る中で、HIVの進化によって環境車の認定が取れる違うスタンダードが提示できれば、環境にもサプライヤーにもユーザーにもよい選択肢になるということで本当に実現すればこれはすごい戦略だと思いました


  • badge
    ナカニシ自動車産業リサーチ 代表

    電動化を前提にゼロベースからエンジン開発に取り組み、その結果、電動化の無い素でもすごいエンジンができそうで、それと電動を組み合わせればしゅげ~パワーユニットになりそうだということ。ロータリーがご飯3杯ならトヨタの新エンジンはもう食べきれません。。。これをもってBEVよりもPHEVという声も聞かれるが、あくまでもBEV開発とその競争基盤があって戦えるPHEVが生まれてくる。水素を普及させればコストが下がり、それを基にe-Fuelの現実味も出てくる。内燃機関の未来はまだまだ発展する。みんな目を覚まそうという、そんなウェークアップコールの様なイベントであった。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか