• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

小池百合子都知事、自民に秋波も嚙み合わない歯車 蓮舫氏はどこまで迫るか

59
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    ウェルエイジング経済フォーラム代表理事/ 政治アナリスト/パブリックアフェアーズ コンサルタント/ 超高齢社会研究家

    2人の政策を比較すると、小池さんは以下の7項目の他、東京をシンガ並みの金融拠点にする目標やスタートアップ支援に力を入れるなど、長期的な政策を形にしており、小池さんに軍配。蓮舫さん、石丸さんから何が出てくるのか今後に注目です。少子化、超高齢社会対策を間違えてこれまでのような子育て支援の踏襲とならないように新たな視点で考えて頂きたい。国もですが少子化が進むフィンランド等等に倣ってやってて効果がないのにこのまま税金予算を積み続け社会保険に乗っけるのは疑問。加えるべきキーワードは女性活躍を含むジェンダーフリーとエイジフリーだと思います。

    ■小池氏の前回の公約:具体的で半分はほぼ達成
    ・待機児童、介護離職、残業、都道電柱、満員電車、多摩格差、ペット殺処分などの七項目をゼロに。

    https://www.tokyo-np.co.jp/article/16950

    ■蓮舫氏:野党かつ国政だから仕方ないが言葉だけで特に何も実現せず
    ・子育て支援、行政改革、食糧自給率など。

    https://renho.jp/policy/

    選挙戦としては、小池さんは3歩リード、蓮舫さんは立ったところと言ったところ。最近の首長選は4期もやった無所属現職がそのまま目黒区長に当選、八王子はもと都職員でどちらも見るからに組織票が過ぎる選挙でした。地方選だと投票率が国政より低いのでこうなりがち。目黒区の都議補選は都民ファーストの方が目黒区長選で落選しての返り咲きですから悪くない。


  • badge
    株式会社ダイアログ 代表取締役/選挙プランナー

    小池知事が今月26日に投開票された都議補選目黒区選挙区において、自民候補の支援にまわった一番の理由は、都民ファーストの会が候補者を出せなかったから。このあたりをわかっていない記者が多いですね。


  • アイメイド株式会社 取締役

    都民では無いのでよくは知らないが、今のところ任期中に小池さんに大きな失点は無いのでは?
    自公が支援すれば勝てるのでしょう。

    逆に蓮舫氏のイメージは?
    事業仕分けで切らなくて良いものまで斬りまくったパフォーマンスの一方で、二重国籍問題であやふやにしたダブルスタンダードを皆さん忘れないでしょう。
    民進党の党首時代も特に目立つものなく。
    本当にこの人しかいないのだろうか?


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか