• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

英で7月4日に総選挙 スナク首相が発表、14年ぶりに労働党政権誕生も

産経ニュース
137
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 小谷 賢
    badge
    ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE, ロンドン大学) 客員研究員

    これは思い切った決断で、賭けに出た印象。現在、スナク政権の評判はすこぶる悪いが、野党労働党のスターマー党首も地味でパッとしない。しかし現段階のデータでは労働党の方が若干有利だ。なのでこの選挙に勝てば、保守党スナク政権は安定するかもしれないが、果たしてどうやって選挙戦を戦うのだろうか。


  • 塩崎 悠輝
    badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    世論調査的には、いつやっても保守党が負けて労働党が勝つ、というのが明らかなくらい、ハッキリと差がついています。
    (政党支持率だと25%対45%くらい)

    スナク首相個人についていうなら、
    前任のトラス首相は、保守党内から造反議員が多数出て下院で過半数を維持できなくなり、辞任に追い込まれています。
    その前のジョンソン首相もやはり保守党内の議員造反で辞任に追い込まれています。

    11月の下院任期満了まで、スナク首相が首相の座を維持できるかは、かなり怪しいところです。造反議員たちが保守党内で出てきても不思議ではありません。
     総選挙で負ければ同じことですが、首相として一回は総選挙に臨みたければ、早めにやるしかないでしょう。


  • 赤井 厚雄
    badge
    株式会社ナウキャスト 取締役会長

    スナク首相は明らかにリスクを取る動きに出た。この行動が今の岸田首相の心理にどのような影響を与えるかに注目したいと思う。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか