• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

なぜ、3年で4回も値上げしたココイチが好調なのか 客単価1000円を突破、驚くべき“太客”の存在

330
Picks

AI要約(β版試験運用中)

  1. 1
    ココイチ(カレーハウスCoCo壱番屋)はカレーチェーンとして国内随一の規模を誇るカレー店で、ご飯の量やルーの辛さ、トッピングを自由に選べる
  2. 2
    近年は価格改定を繰り返しながらも、ココイチの客単価は1000円を超え、業績は好調に推移しており、2024年2月期の売上高は過去最高を更新している
  3. 3
    ココイチの業績が伸びている理由は、自由度の高いメニュー選びや値上げに耐えるファンの存在などが要因とされている
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    コーポレイトディレクション Managing Director

    10年間で客単価を800円から1000円に上げたとのこと
    値上げが浸透したここ1-2年はともかく、継続的に上げて来ているのはすばらしい
    一方でこれだけ上げて売上は横ばい
    記事では「太客が増えた」とポジディブに評価してますが、一方の見方をすれば客数は減っているということで、一定の「客離れ」を起こしているとも言えます
    少し気になるのは都心の地方で差がないか。より地方での客離れが起きているのであればFC中心のビジネス的には辛そうですがどうなんでしょう
    仮にどちらでも業績が変わらないとすれば、これをどう捉えるのかはまさに考え方次第
    ターゲットを敢えて絞り込み満足度を上げに行くのか、やはり多くの人に食べてもらいたいので客数も追うのか
    そこまで行くと、企業のpurposeレベルの価値観の問題ですね


  • badge
    講談社 宣伝統括部担当部長

    うまく値上げするのも経営努力。
    値上げしていないところは、むしろ心配になります。


  • ウォータデジタル合同会社 代表

    ココイチは安くは無い。というイメージは確かにありますね。
    チェーン店だからと安売りだけが戦略では無いことがわかる事例かと思いました。
    経営の軸をどこに置き、誰に価値を提供するのか?
    他社を見ながら調整するのではなく、自社と顧客を観察し、そこに注力しているのでは無いか?と勝手に想像してます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか