• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【解説】mRNAワクチンは「危険」の主張をどうみるか

NewsPicks編集部
352
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • NewsPicks 編集委員 / 科学ジャーナリスト

    最近、新型コロナのmRNAワクチン接種によって死亡を含む深刻な健康被害が多発しているという主張を目にする機会が多くなっています。果たして本当にそう言えるのか、取材しました。

    mRNAワクチンはパンデミック下で初めて承認されたワクチンですが、短期間でこれだけたくさんの人が接種したワクチンも他にありません。有効性や安全性については大量の論文が出ていますが、中でも注目すべきは、米国などで行われた大規模なコホート研究です。

    後半では、今後もワクチンを接種すべきかどうかについて、専門家のアドバイスを紹介しました。新型コロナの後遺症の予防効果についての報告と合わせ、読者の皆さまの参考になれば幸いです。


  • badge
    株式会社ビービット 代表取締役

    「本当にデメリットはないのか?デメリットがあれば駄目だ」という論調を目にすることがありますが、合理的な判断とは「多少のデメリットはあっても、メリットが上回るなら選択する」というものです。

    mRNAワクチンは、利用検討の初期段階からそのメリットがデメリットを上回ると説明されてきましたし、実際にそうだったということが証明されたという認識です。


  • badge
    東京大学 大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻 教授

    高校までの、中等教育における科学教育の敗北を強く感じます。
    稀なノーベル賞受賞者を出す科学教育も大事ですが、99%向けの科学教育をどうするかを議論する必要があるでしょう。
    結局、今となっては何を言っても届かない人に語りかけても無駄で、次世代に期待するしかない。

    今回、コロナというそこそこ死亡率が高い感染症が蔓延し、科学リテラシーが低い人ほど感染の確率が高かったことを考えると、ホモ・サピエンスの進化史において、科学リテラシーが淘汰の基準になる新時代に入ったと考えます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか