• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験
アートと建築とおかね

アートと建築とおかね

フォロワー1248人
80本の記事
社会人美大生が展示や建築を観ながらお金について考えるトピックスです
野口 哲のアイコン
野口 哲
NoguchiArts&Contemporary 代表
フォロワー1248人
80本の記事
社会人美大生が展示や建築を観ながらお金について考えるトピックスです
「モダン・タイムス・イン・パリ 1925」 機械時代のアートとデザイン(ポーラ美術館)
全体に公開
モダン・タイムス・イン・パリ 1925 ― 機械時代のアートとデザイン 2023年12月16日(土)~ 2024年5月19日(日) ポーラ美術館 https://www.polamuseum.or.jp/exhibition/20231216c01/ 1920年代を迎えたフランスの首都パリでは、第一次世界大戦からの復興によって急速に工業化が進み、「機械時代」(マシン・エイジ)と呼ばれる華やかでダイナミックな時代を迎えました。本展覧会は、1920-1930年代のパリを中心に、ヨーロッパやアメリカ、日本における機械と人間との関係をめぐる様相を紹介します。特にパリ現代産業装飾芸術国際博覧会(アール・デコ博)が開催された1925年は、変容する価値観の分水嶺となり、工業生産品と調和する幾何学的な「アール・デコ」様式の流行が絶頂を迎えました。日本では1923年(大正12)に起きた関東大震災以降、急速に「モダン」な都市へと再構築が進むなど、戦間期という繁栄と閉塞の狭間に、機械や合理性をめぐる人々の価値観は大きく変化していきました。コンピューターやインターネットが高度に発達し、AI(人工知能)が生活を大きく変えようとする現在において、約100年前の機械と人間との関係は、私たちが未来をどのように生きるかを問いかけてくるでしょう。

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか