• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

[この記事は掲載が終了しました]

53
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    台湾の立法院では、乱闘は恒例ではあります。

    今回の乱闘のきっかけは、「「立法院職権行使法」の一部改正案など国会改革に関わる法案の逐条審議中に、民進党の複数議員が議長席付近の占拠を試みた」ことにあります。

    争点は、立法院第1党で議長も出している国民党が、「刑法上の「議会侮辱罪」の新設」を目指していることです。
     立法院第2党の民進党は、これを阻止するべく、議長席の占拠を試み、さらに1人の議員が議長から法案の資料を奪って議場から逃走しました。
    https://x.com/MyLordBebo/status/1791558207996895335

    国会改革法案巡り与野党衝突 6議員搬送/台湾
    https://japan.focustaiwan.tw/politics/202405170008


  • badge
    ジャーナリスト / 大東文化大学教授

    先の総統選・立法委員選挙で、与党民進党は総統では辛勝したものの、立法委員選挙では事実上の敗北を喫し、最大野党を国民党に奪われ、第三勢力の民衆党は国民党と連携しています。そのなかで、多数決によって、これまで認めてこなかった総統の国会での国政報告を義務付ける法案を可決しようとして、衝突が起きた。結局、法案は深夜に可決して6月1日に頼新総統は国政報告をすることになる。今後、台湾の国会ではこうした不安定な状況から衝突が増えるはず。


  • まったく冴えないエンジニア

    中国の足音が聞こえる。台湾国民が台湾を香港にしたいなら仕方がないが、それは絶対に後悔すると思うけどな。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか