• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

絶対にいきなりパワポを立ち上げてはいけない…プレゼン上手がやっているスライドづくりの鉄板ルール

560
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    東京大学 大学院情報理工学系研究科電子情報学専攻 教授

    「まずは紙に手書きで要素を書き出していったほうが準備がスムーズになる」

    他の方はどうかわかりませんが、自分は比較的大型のプログラムを書くとき、いきなり書き始めず、やはり紙にフローを書いて自分は何をしたかったのかを整理してから始めるようにしています。全体を鳥瞰的に眺めることで思考の整理ができやすくなっているのだと思います。


  • badge
    株式会社圓窓 代表取締役

    ボクはいきなりパワポ開く派だな。
    むしろ「絶対」って言葉を安易に使うのはプレゼンでは悪手だと思ってます。
    妙な反論を呼びやすくなるし。(ボクのこの投稿みたいな、ねw)


  • badge
    株式会社サイバーエージェント 専務執行役員

    私自身は資料を作成する時に、紙に書き出す前にいきなりパソコンに向かってしまうタイプですが、全体の設計図が見えないうちに、1ページ目から順に考えながら資料に落とすのは非効率であると分かっているものの、文言や表現の仕方など細部にいきなりこだわるわけではなく、「この視点を見落としていたかも」とか「別の角度から見たらどうだろう」というように、本来は“紙で書き出す作業”自体を、パソコンで行っているという感覚に近いかもしれません。

    大事なのは紙かパワポかではなく、「誰に何をどのように伝えたいか」という全体の骨子を最初に固めること、その上で相手により伝わりやすいように工夫を凝らしていくことではないかと思います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか