• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

中国GDP5.3%増 不動産不況など成長の重し 24年1~3月期

106
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    楽天証券経済研究所 客員研究員

    2024年の年間目標が5.0%前後、2023年1~3月期が4.5%増(通年は5.2%増)でしたが、今年の目標達成の観点から、1~3月期は4.5~5.0%くらいは最低限必要だと思ってみていました。やはり懸念されるのは不動産不況。1~3月の不動産開発投資は前年同期比9・5%減で、下げ幅は鈍化してきません。CPI(消費者物価指数)1~3月期は前年同期比で横ばいということで、デフレスパイラルを脱却したとは言えないでしょう。


  • badge
    フリー ジャーナリスト

    実質5.3%増、名目4.2%増。ということでデフレが厳しい状況にあることを示しています。また、社会消費品小売総額(小売外食売上高)が4.7%増、3月に限っては3.1%増と落ち込んでいることにも注目です。
    不動産が低迷していますが、消費全体で見るとさほど悪くはなかったのですが、ここが落ち込み出すと結構しんどいですね。


  • これは正直おかしいと思っている。
    失業率とGDPは合わないし、隠れ借金もあるし、
    あまり信用できない。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか