• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米国株式市場=大幅安、利回り上昇や中東巡る緊張が重し

21
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • badge
    株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 東G(4436) 副社長 COO

    きょうのNY株式市場でダウ平均は続落。
    序盤は、先週末の下落による値ごろ感からの買い戻しが先行しました。
    取引開始前に発表された3月分の米小売売上高は予想を上回り、個人消費の力強さを示しました。
    FRBの利下げ期待をさらに後退させる内容で、米国債利回りも上昇したのの、米株式市場は冷静な反応を示していました。
    米株式市場の関心は次第に利下げ期待一辺倒から先行きの景気にも注目しているようです。

    しかし、後半になって米株式市場はIT・ハイテク株中心に下げ足を早めました。
    イスラエル軍の参謀総長のハレヴィ将軍が「イスラエルは次のステップを検討している」と述べ、イランのイスラエル領内への大量のミサイルと無人機の発射には報復で対応すると語ったことで、中東情勢への懸念が再び再燃しています。
    イランの国連代表部が「この問題は結論が出たとみなすことができる」と述べていたことで、序盤の米株式市場は幾分安心も広がっていたが、上げを維持できませんでした。

    ゴールドマンが取引開始前に決算を発表し、株価は上昇。
    予想外の増益を記録したことが好感されました。
    純利益は減益が予想されていましたが、28%の増益。

    金利もVIXも急騰して、久々のFEAR(恐怖)に。
    原油価格落ち着いてますが、日本株も厳しそうです。
    為替介入なかなか入りませんが、さすがに入りそうな状況です。


注目のコメント

  • badge
    りそなアセットマネジメント株式会社 チーフストラテジスト チーフエコノミスト

    英国と米国がロシア産のアルミ、銅、ニッケルを取引禁止としたこともインフレ面で影響が大きいです。英国が禁止するとLME(ロンドン商品取引所)で取引できなくなるので、ほぼ世界中から遮断されます。


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    日本株は世界を代表する景気敏感銘柄の位置づけですから、いくら円安が進んでいるとはいえ米株以上に下がっています。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか