• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

OpenAI、東京オフィス開設--3倍高速な「日本語特化型GPT-4」も発表

424
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • badge
    株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 東G(4436) 副社長 COO

    おおっ、長崎さんAWS次は同社ですか。
    〜また一緒に仕事しましょう


注目のコメント

  • badge
    ㍿Laboro.AI 執行役員/マーケティング部長

    2023年6月のロンドン、9月のダブリンに続き、3つ目のOpenAI海外拠点が東京に、アジア初として開設されることが正式に発表となりました。

    CEOサム・アルトマン氏による昨年4月の訪日で、岸田首相との会談の際に交わされた約束を果たすことになるわけですが、その開設背景には我が国ならではのいくつかの特徴があってのことと考えられます。

    その内の一つが規制・法整備の観点で、昨今の生成AIの普及とリスク拡大に伴って、各国でAI開発・利活用に対するルール整備に向けた検討が進められているわけですが、人権保護を優先に厳格な法整備を決定したEU、ルール化を進めながらもやや企業優遇のスタンスを取る米国などの先進国に比べ、日本はルール策定が遅れていることに加え、緩和的な方針を取ることが言われています。

    具体的には、内閣府・AI戦略会議で議論されているのは”法案”ではなく”ガイドライン”であり、つまり法的強制力は持たず、開発企業・利用企業の努力義務に留められる方向であること、またその内容も、文化庁での議論内容を踏まえると、これまで日本が「機械学習パラダイス」と呼ばれてきた主要因になっている著作権30条の4を改正するものではなく、確かに著作権侵害にはより配慮はされつつも、これまでの開発・利活用事業者への優遇的な環境を踏襲する方向にあります。

    つまり、OpenAIにとっては、他国に比べて比較的緩和的かつ柔軟な環境であり、
    英語以外の特定言語に特化したLLM(大規模言語モデル)を開発しやすい環境的メリットがあると考えられます。

    加えて、事前の報道でOpenAIはこのガイドライン策定にも関与していく意向があることが報じられています。振り返ると、世界初のAI法案がEUで可決されたのが2023年3月、その直前のタイミングでロンドン・ダブリンの拠点開設が開設されていたことと今般の状況は似ており、ガイドライン施行前のタイミングで拠点を開設し、規制整備の面でも国際リーダー的な存在になっていくことも狙いの一つのように思われます。


  • badge
    株式会社クラフター 代表取締役社長

    リークされていた元AWSジャパン代表の長崎さんが、OpenAI日本法人社長に就任。アジアでは初の支部。
    米国ベンチャーキャピタルやビッグテックは従来、日本を飛び越えて中国やシンガポールに支部を設立していた。今回生成AIはテキストと日本人の相性が抜群で、ChatGPT利用数は米国に続いて日本は2位となり、アジア圏の中では法律的にも生成AIに寛容だ。OpenAIが居を構える場としては妥当だろう。

    プロダクト面でも、GPTは英語と比較すると日本語での対応はまだまだ改善の余地があった。日本語に特化したカスタムモデルをリリースするという発表は、日本を特別に大事にするという印象にもなり、ChatGPTをまだ導入できていない企業にも好印象だ。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか