• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

新人の「成長スピード」をグ~ンと上げるすごいフレーズ - チームX──ストーリーで学ぶ1年で業績を13倍にしたチームのつくり方

ダイヤモンド・オンライン
55
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 倉田 浩美
    badge
    ヴィジョナリーブランド株式会社 代表取締役社長

    目に見えない社内風土は、とてつもない力で社員の行動を良くも悪くも変えてしまいます。同時に社内風土は、個人のチカラでは変えようもなく、経営者が改革をリードしないと変化は起きません。

    だからこそ、一人ひとりが出来ることは、どんな仕事であれ職場であれ、貪欲に学ぶことです。特に新人や新入社員は、社会に初めて出て得た仕事が自分に合っていないかもと思う方は少なくはないと思います。

    仕事や社内風土が合っていないと思っても、学べることはたくさんあるわけで、思考をポジティブ転換して、より多くのことを吸収することが大事ですね。例えば、反面教師を感じる上司から「やってはいけない行動」を学べるのも、ありがたいことです。

    全ては、考え方次第であり、どのような環境でも多くを学べますね。


  • 横山 喬亮
    税理士法人勤務 manager【MAS、経営企画・立案PJ、医療PJ、研修PJ】(元数学教員)

    何事も効果や目標が分かりやすく設定されており、何をやれば良いか明確になっていて、達成することで自分にとってのメリットが他人にも自分にも分かっていることが大切かと。

    学ぶことで仕事ができるようになって楽しい、早く処理できてより高い次元の仕事を任されるて嬉しい、など自走してできてるかが肝心。

    ただ、新人さんをほっといてそれが自分でできる人はほぼいないから、話を聞いて声かけて支えて促してを一人前になるまで繰り返しできるようになるまで行う。

    ティーチングしたことを最初はやってもらうけど、考えて改善の余地があればどんどんやり方を変えてもらった方が良いと思う。

    納得できない仕事もたくさんありますけどね。


  • 永井 康太
    社会人

    >1.何が起こったか(事実)
    2.どう思ったか(解釈)
    3.そこから得られた学びは何か(抽象化・規範化)
    4.これからどうするか(適用)


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか