• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【8兆円市場】アメリカで流行る、「海藻ドリンク」でバトル勃発

NewsPicks編集部
570
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 後藤 直義
    NewsPicks 編集委員(ニューヨーク支局)

    アメリカで次に生まれる注目ブランドは、意外にも、日本人にとっては「当たり前」なアイテムだったりすることが、すごく面白い。

    ヤクルトとか、カルピスとかはもちろん、c1000タケダとか、昔は鉄骨飲料とかファイブミニプラスとかありましたよね笑 こういうドリンクが2024年になって、世界でも新しいビジネスになってるように見えます。

    2024年にジワジワと盛り上がってるのが、この新しい飲料ブランドのモス(MOSS)。これまで欧米があまり興味を示さなかった海藻が、にわかにヘルシーば原料として注目を集めており、高級スーパーでは海藻コーナーが設けられるほど。うちの近所のスーパーにも、このモスはめっちゃ売ってます。

    ザクロ味はとても美味しい。ピュア味は、めっちゃ不味かったです(後藤個人感想)。日本人の三木アリッサさんが作る海藻ドリンク、Oo!Mee(ウーミー)は、アメリカでまもなく発売予定とのこと。

    過去10年を振り返ると、発酵飲料のコンブチャがすでに7000億円市場になっており、2020年くらいからは、食物繊維を含んだ炭酸飲料のオリポップやポッピーが大流行。そして、海藻に来てるわけです。日本人起業家のブランドも注目を集めてます。ぜひご視聴ください!


  • 中野 香織
    badge
    Kaori Nakano Co.,Ltd. イギリス文化を起点に、ダンディズム史、ファッション史、ラグジュアリー領域へと研究対象を広げている

    海藻ドリンク、機能性炭酸ドリンクの最先端情報、興味深く面白く拝見しました。
    <人間の本能で市場では二大ブランドが制圧する。コカ・コーラVSペプシのような紅組さんVS白組さん的な>という指摘もなるほど、と。11兆円市場に成長するというこの分野に日本人起業家発のブランドが食い込めたらいいですね。

    「3年後も水を飲んでる…」という岡さんのコメントが天然アナーキーで最高でした。


  • 岡 ゆづは
    NewsPicks編集部 記者

    世界で海藻への注目が急速に高まっています。CO2吸収、飼料、食材など用途は様々ですが、今週の伝書鳩で取り上げるのは海藻ドリンク。ザクロ味が美味しそうです。それにしても機能性飲料だけで8兆円市場とは、アメリカの大きさ恐るべし…


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか