• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

水原元通訳を銀行詐欺容疑で訴追 あすにも裁判所へ

NHKニュース
336
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • badge
    メディア・コンサルタント フリーランス

    24億には驚きました。多少残ってた水原かわいそうという気持ちが吹っ飛びました。いくら大谷翔平選手が金持ちでも、24億円をごく近しい人に盗まれたのは精神的にもきついでしょう。それなのにヒットを量産しているのは、やはり奥さんの存在が大きいのかと。このタイミングで結婚していてホントによかったです。


注目のコメント

  • badge
    弁護士(スマートニュース株式会社/法律事務所ZeLo/NPO法人Mielka)

    【追記】
    US連邦検察のプレスリリースを読むと、
    内容がよくわかりました。

    やはり水原氏に大谷選手が口座の管理を任せていたわけではなく、大谷選手の給与が振り込まれる銀行口座に紐つく連絡先(本人確認手段)を水原氏の携帯電話とメールアドレスに変更されていたとの被疑事実。そして電信送金の際は水原氏が電話で大谷選手になりすまして実行。これだと確かに報道当社に窃盗という声明を大谷選手側が出していたこともうなづける(実際の訴追の罪名は銀行詐欺だが)。
    州法ではなく、連邦犯罪での訴追となっているため、かなり悪質かつ重大な犯罪行為と認定されていることも重要。司法取引に応じるとはいえ最高で30年の懲役刑まで規定されている罪。
    https://www.justice.gov/usao-cdca/pr/japanese-language-translator-charged-complaint-illegally-transferring-more-16-million
    【追記終了】

    この行為だと銀行詐欺ということで納得。
    今回の騒動で改めて大谷選手側の代理人を務めているバーク・ブレトラー法律事務所のメディア対応の凄さを感じました。騒動がメディアに報じられた直後に「massive theft(巨額の窃盗)」と声明を発表し、手口などはおいて、とにかく大谷選手は被害者であることを情報空間で印象付ける。そして、その後の捜査に協力しながら、実際の罪名は捜査機関に委ねる。憶測はメディアや世間に任せ、大事な一線である「大谷翔平も実は関与していたのでは」という風潮を作らせない地道なアピール。なぜハリウッドの有名人らがこの事務所を使いたがるかよくわかります。法律論以上の凄みがある。


  • badge
    株式会社ナウキャスト 取締役会長

    驚いた。
    不正送金は7億円だと思っていたら、なんと1,600万ドル、1ドル=153円で換算したら約25億円ではないか。
    なによりよかったのは、捜査当局が大谷さんを被害者だとみている姿勢が示されたこと。
    彼のパフォーマンスに影響が出ないことを祈りたい。

    【全文掲載】大谷翔平 水原氏不在の影響について言及
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240409/k10014416371000.html


  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    450億ドルでは止まらないとは思っていましたが、その三倍以上の被害だったとは驚きました。
    ギャンブル依存症というのは人をそこまで変貌させてしまうのかと恐怖すら感じます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか