• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

イスラエル軍、ハマス最高指導者の息子殺害=休戦交渉へ影響懸念

42
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    ハマースの国外指導部トップ、イスマーイール・ハニヤ氏は、子どもは13人いますが、4月10日に殺害されたのは、その内の息子3人と孫3人です。他にも、2023年10月のイスラエル軍の作戦開始以来、兄弟や孫が殺害され続けています。
     ガザ地区の軍事部門トップのムハンマド・ダイーフ氏も、10年前に妻、息子、娘を殺害されています。

    これは、ハマース指導部に限らず、ガザ地区の住民に広く起きていることで、遺族たちの感情がハマースへの支持が集まる大きな理由の1つになっていることは否めません。

    死者に対して、イスラエル政府は全く補償はせず、以前は弔慰金を出していたサウディアラビアやUAEもイスラエルに気がねして出さなくなりました。
     カタールやイランは弔慰金を出しています。


注目のコメント

  • 兼業投資家 そろそろ中堅

    イスラエルからすれば、誰の親族だろうが単なる「一テロリスト」でしかないので、通常の対応。気にする周囲の方がおかしい。


  • 宇宙生命体

    この状況を日本メディアでは多く伝えられなくなったのがこの国の現状だと思う。
    中々世界は現在厳しく緊迫した様子が続いている。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか