新着Pick
194Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
YouTubeは違法だったのでIPOできず、Googleに売った。UberもAirBnbも違法なので、IPOできず誰かに売るしかないが、2兆円〜4兆円規模の値段の赤字ビジネスの買手は限られる。

最後は誰に買わせるシナリオでユニコーン投資に参加しているのか、投資家達の目論見についても、本特集で明らかにして欲しい。
この特集をきっかけに有料会員になりました。
(まだ無料会員だったのかと怒られそう。。)
独自コンテンツの力はやはり重要。
よく言われるペイパルマフィアですが、こあやって表にまとめると改めてすごい。マフィア感が伝わってきます。ペイパルで経験を積んだと書いてあり、それはそうなんでしょうが、他でそういう経験を積んだ人も多いだろう中でこれだけまとまって「マフィア化」してるのは、もともと類は友を呼ぶということで優秀な人が集まっていたのか、買収されたタイミングでみんなが一斉に外に出たからなのかどちらなんでしょうかね
あれな、俺も上場後にエグジットしてたほうがよかったなと思う
この表は保存版ですね。ユニコーンの代表的なプレイヤーがとても分かりやすく纏められている。シャオミ、LINEなどのアジア企業を含んだバージョンも見てみたい。
PayPalは、eBayに買収され、もはやeBayより価値が高いので株主に求められて分離するところ。存続している企業からこれだけ人財が「流出した」ことが、エコシステム全体ではプラスに働いたということはとても考えさせられる。経験と資金と志はやはり重要だと思い、そこが単独ではなく複数人で現在もつながりを持って動いているから、こういった姿になっているのだろう。
今まで色々なマフィアと呼ばれる集団が居ましたが、ペイパルマフィアは最強ですね。ユニコーンとマフィアたちの相関図は分かりやすくて素晴らしい。
ペイパルマフィアはここまでほぼ無傷というのがすごい。単に先見性があるだけでなく、あらゆる面でマフィアの能力と結束力をフル活用してきたのでしょう。
以前特集したUberも代表格。
『Uberの衝撃』
https://newspicks.com/news/863012/
昨日のスライドでも紹介しましたが、Yコンビネーターにピーターティールが加わったことで、PayPalマフィアの次なるユニコーンの輩出に加速がかかるかもしれません。
また、ユニコーンのなかにシャオミやインドのFlipcartを含めるメディアもあります。
この連載について
宿泊業界をわずか6年で激変させたAirbnb。その真の姿は破壊者か、それとも──。
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。 ウィキペディア
時価総額
5.01 兆円

業績

Airbnb(エアビーアンドビー)は、宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのウェブサイトである。世界192カ国の33,000の都市で80万以上の宿を提供している。2008年8月に設立された、 サンフランシスコに本社を置く、非公開会社Airbnb, Inc.により所有、運営されている。 ウィキペディア