• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

今年のドイツ成長率は0.1%に、主要経済研究所が大幅下方修正

17
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • badge
    三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員

    まだまだ楽観的でしょう。ドイツ銀は昨年末の予測からマイナスを見込んでいます。

    実効レートは名実とも過大評価で、輸出が増える展望が描けません。財政再建の短期的な下押しも加わる。では金利が下がるかというと、少なくとも短期はECBがホールドしているため、そこまでは下がらない。民需も厳しいと考えるのが道理です。


注目のコメント

  • badge
    りそなアセットマネジメント株式会社 チーフストラテジスト チーフエコノミスト

    自動車産業への過度の依存、その自動差産業の次世代技術開発の迷走、エネルギー政策の無策、産業界の中国との過度な接近、極めつけはメルケル時代のロシアとの過度の接近など、構造問題を多く抱えています。政治も不安定化を超えて流動化し始めています。まあ、しばらくは難しいと思います。フランスとは対照的です。


  • badge
    日本総合研究所 理事

    今年もゼロ成長にとどまるように見えますが、昨年末の落ち込みの影響が大きいため、低めに出ててしまうという事情もあります。四半期で見ると、成長率は緩やかに持ち直していくというシナリオです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか