• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

米テスラ、中国でEV生産縮小 販売伸び悩みで=ブルームバーグ

30
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 製造業 Financial Planning Manager

    これねぇ、現場社員の所得に大きく影響するんですよね。

    上海だけは労働法が他都市と異なるので正確には分かりませんが、たしか平日の時間外労働で×1.5、普通の土日で×2.0、法定休日で×3.0の賃金くらいだったと記憶してます。(代休を取れって言っても、お金欲しいから取らない)

    今まで残業あり、休日出勤ありを前提に生活していただろうから、6.5日が5日になるとドッカンと所得が落ちる。

    私も中国地方都市に駐在していた時、生産能力を上げても追いつかなかった受注を、休日生産で対応していました。しかしコロナになり急減。

    従業員からは残業がないと生活が成り立たないなど(会社からしたら知ったこっちゃないことを)色々言われ、組合まで出てくる始末で大変でした。ただ、現場も含めて、彼らには回復時にいてもらわなければならないので、会社としてもできるだけのサポートをして生産を落ち着かせました。


  • ユーザベース SPEEDAアナリスト

    Teslaの上海工場は、中国国内の需要だけでなく輸出基地としても使われている。そのなかで生産を縮小するというのは、グローバルに昔と比べて競争が厳しくなったり、販売の勢いが落ちているということ。
    週6.5勤務という元の水準が極めて高いところはあり、週5は通常の自動車工場並みになるところではあるが、逆に言えばこれまで高稼働で薄められていた固定費はこれまでほど薄まらなくなり、台あたりの固定費はこれまでより3割増し程度になると思う。一方6.5日稼働という部分で週末勤務の部分の人件費が下がるといったところもあるだろうが。
    そして、下記BYD記事でもコメントしたことだが、内製率が高ければ、稼働が上がることは一気に増益につながるし、逆は一気に減益につながる。

    【ドキュメント】中国EV「BYD」が、本当に手強そうだ(2024/3、NP編集部)
    https://newspicks.com/news/9722126

    テスラ、24年の成長鈍化を警告-利益予想下回り株価一時8%安(2024/1、Bloomberg)
    https://newspicks.com/news/9494070


  • ŌGIRI☆倶楽部 見習い/ BtoB企業 製品担当課長

    中国国内需要もさる事ながら
    グローバルでも厳しくなってる

    EV需要が萎んだとか言う報道が多いけど
    元々EV需要は限定的だったって事だと思いますよ

    以前なら需要に対して供給が間に合わないから、作れば作っただけ売れたけど
    限定的なマーケットに行き渡り、かつ生産も増えたならダブつくわけで

    更に言えば、テスラファンはEVだからと言うだけでなく、最新のテスラと言うクルマが欲しいわけで

    2017年リリースのモデル3が最新と言えるかって話で

    今年はテスラの正念場だと思います

    だって、最新モデルは沢山売れるはずもない(北米や中国以外には保安基準満たさなくて売れない可能性もある)ぶっ飛びなサイバートラックしかないし


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか