• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【爆速】メルカリ元幹部が3カ月で「ライドシェア起業」できた理由

NewsPicks編集部
362
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 青柳 直樹
    newmo 代表取締役

    newmo創業までの経緯を取材していただきました。

    二種免許を取得して、地理試験も受験したからこそ、現行制度の矛盾や限界に気づくことができました。「まずは自らやってみる」ことが大事だなと思っています。


    運行管理者の基礎講習(3日間)を修了して、運行管理者試験(年2回、CBT)も受験しました。

    資本参加した岸交で40台のタクシーを管理するには、2名以上の運行管理者が営業所に常駐して、対面で営業前後の点呼を行うことが求められています。

    運行管理者の基礎講習では「乗務員さんの生活習慣などを理解して、日々の変化に気づいて、対面で声かけをすることが重要」と教えていただきました。

    タクシー事業を自ら手がけることで、時代の変化に則した「新たなタクシー会社」のあり方を模索していきます。


  • 中川 雅博
    NewsPicks 副編集長

    いよいよ4月からライドシェアが一部解禁になるのを前に、グリーでCFO、メルカリで日本責任者を歴任した青柳直樹氏が、スタートアップ「newmo」を立ち上げました。準備期間わずか3カ月強という爆速の起業の裏側を、洗いざらい聞きました。


  • 平澤 歩
    東京大学 中国思想文化学研究室助教

    何故ライドシェアをタクシー会社しかできないのかは、全然よく理解できないのですが、その規制に文句を言っても始まりません。そこでタクシー会社に出資して経営にも参与する、というのは現実的ですね。
    他の分野でも、こういった手法で新しいプレーヤーがどんどん規制を乗り越えて参入して、業界やビジネスモデルを刷新して、ニーズに対応した新しいサービスを提供して行って欲しいものです。

    ところで、「事故を減らすのであれば、ドライブレコーダーを導入したほうが、ドライバーは慎重に運転するようになります」というのは、本当にそう思います。
    タクシーの運転マナーの悪さは、非常に問題です。車線変更の際に事前にウィンカーを出さない、原付や自転車の走っている目の前に割り込んで急停車する等々。教習では何を教えているのでしょうか。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか