• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

チームラボ施設で撮影された「下着丸見え画像」が拡散、鏡に映った「パンツ」撮影でも犯罪なのか?

弁護士ドットコムニュース
140
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 西 愛礼
    badge
    後藤・しんゆう法律事務所 弁護士(元裁判官)

    鏡越しならセーフ、となるはずがありません。
    確かに故意は問題になり得ますが、この種事案は同じような写真が多く記録されていたり、撮影時に不審な挙動があるため、言い逃れができないケースが多いです。


  • 上島 健太郎
    上島プロパン株式会社 専務取締役

    Newspicksの政治・社会分類のトップに来るようなニュースじゃないです


  • Kitaguchi Risa
    nu3 GmbH Marketing in healthcare and cosmetics

    こういった記事を見ると、あまりにも故意の盗撮、
    その他性的犯罪を“いたずら“の範疇でとどめ、性犯罪の認識が低いのではと感じてしまいます。

    先日からX上において、トロント大学留学中の日本人男性が寮のシャワー室で女性の裸姿を盗撮したとして、トロント警察に逮捕、起訴され実名と名前がしっかり公開されています。

    犯罪抑止の観点からも、盗撮を含む全ての性犯罪について実名および写真の公開、犯罪歴の記録および職業制限など早急に処罰厳格化と情報公開の徹底を行ってほしいです。

    https://www.cp24.com/news/arrest-made-after-female-students-were-photographed-while-showering-at-u-of-t-1.6810434


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか