• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

「外資にやらせていいのか」ふるさと納税、アマゾン参入に懸念の声

572
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


選択しているユーザー

  • badge
    拓殖大学大学院 客員教授

    外資に担当させるのは避けたい。下請け、孫請けと
    進む間にとんでもないブラック企業が日本国民の個人情報ファイルを作成することだろう。


注目のコメント

  • badge
    (株)TOASU特別研究員(経済評論家・コンサルタント)

    ふるさと納税は、2000円払えば税金の一部の還付を受けて、欲しいものが買える制度です。しかも、高所得者ほど沢山買える究極の逆進性を持つ仕組みで、逆進性にかけては消費税などものの数ではありません。
    政府が巨額の赤字を抱えるなかで手数料等を含め税収の半分が雲散霧消するのですから、その分は他の税目や社会保険料の増額でいずれ国民負担に跳ね返ります。
    日本の税金はざっくり言って3分の2を国が集めて3分の1を地方に配り、3分の2を地方が使っています。地方への分配が必要なら政府が責任を持って再分配すれば済む話。ふるさと納税制度に大義を期待する方が無理筋です。
    サイトに払う手数料は払った瞬間に公共の用に帰する税金では無くなります。Amazonで働く日本人もいるわけで、Amazonに払おうが既存のサイト運営者に払おうが大同小異。こうした争いが起きること自体、ふるさと納税を巡る既得権益の存在を思わせます。即刻やめて然るべき制度じゃないのかな… (ー ー)


  • badge
    株式会社ロケットスター 取締役 共同創業者

    Amazonに参入されると高いサービスと安い手数料を両立されてしまい、競合は全く歯が立たないでしょう。シェアが一定程度高まり、もう抜け出せない、というところで値上げしてきます。もしくはAmazonから見て収益性の低い事業は停止するかもしれません。
    金融でも、国防でもなく、重要な産業ではない、と国や自治体が判断するのであれば、仮に公金を扱うとしても致し方ないですね


  • badge
    メディア・コンサルタント フリーランス

    そろそろふるさと納税制度をやめてもいいんじゃないですかね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか