• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は成長鈍化と予想

13
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • badge
    第一生命経済研究所 首席エコノミスト

    日本のソブリンCDS価格はG7中二番目に低いのに、格付けではG7でイタリアに次ぐ低格付けとなっている理由を格付け会社は説明すべきだと思います。


注目のコメント

  • badge
    高千穂大学 教授・国際金融論

    米国もコロナ後の財政拡張でグロスでみた公的債務残高のGDP比がかなり高まりました。現在120%台です。当面のリスクとしてトランプ復活が挙げられます。2月23日に自身が返り咲いた場合の減税を公約に掲げる旨、発言しており、仮に実現するなら長期金利の上昇要因となりそうです。一方、1月のIMFの経済見通しでは相対的にみて先進国では米国が最も高い成長を遂げるとされています。


  • badge
    追手門学院大学 経済学部 教授 兼 経営・経済研究科 教授

    ねじれ状態の米国連邦議会の予算審議が、毎回大騒ぎしつつも、ギリギリのところで政府機関閉鎖を回避し、つなげていけていることも評価ポイントになっているのではないでしょうか。空騒ぎは、米国政治の常ですけど。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか