• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

普通の会社員が積立投資で「億り人」になれるのか

18
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

選択しているユーザー

  • 第2期 NewsPicks Student Picker/東北大学工学部 建築社会環境工学科 建築

    25歳から初めて60歳まで毎月9万円を積み立てれば億り人になれるそう!なるべく早く始めて長く続けることが大切だそうです。


注目のコメント

  • NewsPicks Content Curator/CX Team

    積立続けていれば年齢が上がった時により多くの資金が残せると思いますが、果たして老後にそれほど多くの資金を手にして人生は幸せなのかを同時に考えるべきかと思います。70歳になって億の資金を持って、例えばモルディブに遊びに行くぞ、となるくらいならもっと若いうちに行っておきたいもの。若くて身体が動くときに経験を優先するのか、積立を優先するのは、本当にバランスだと感じます。
    また、結局は株式などはリスク資産なので、70歳で億までいっても、その瞬間に経済危機が起きると資金は一時的に半減します。
    お金は使うためのものであり、増やすことが目的になってしまうと人生を見失う可能性もあるかと思いました。
    また、利回り5%というのも楽観的な数字で、毎年マイナスのリターンになることも普通に想定され、それでも積立を続けることができる場合のみ、平均すると5%程度となるもので、そういった相場の変動に対するメンタルも積立投資には必要だと感じます。


  • フリーランス コンサルタント

    これは面白いですが、積立だけでは限界があります。持っている資産がお金を生むようにしないといけないですね。


  • 某上場企業 内部統制部門 部長

    億り人になって、何をしたいかですよね。億り人になること自体をゴールにした場合、その人の人生って楽しいんですかね?

    億り人になろうがなるまいが、人生が楽しく幸せだと感じられることが目標ではないかと思いますけどね。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか