• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

「いつか起こると」「社会に殺された」 山崎製パン工場で60代女性事故死、ネット上で悲痛な声 【急上昇ニュースのウラ】

4
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • 【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆

    ・・「一昔前なら55歳で悠々自適。ベルトコンベヤーなんて楽な作業じゃない。高齢者に働く環境はいらないから、働かなくて良い年金を下さい」
    ・・「60代や70代がいつまでも現役で働かなければならない様な年金受給額であることに問題があるのではないか」

    悲惨な事故だと思う。企業の安全管理義務に問題があればきちんと追及されるべきだとも思う。

    しかしである。なぜ上記のようなコメントが出てくるのか。それとこれとでは話が別じゃないか。企業の安全管理義務とシニアの労働との間にはなんの因果関係もない。そんなものをヨコヨコで比較してどうするのか。議論とは横に並べるものではない。積み上げるものなのだ。

    従業員の経済状況もわからない。勤務形態もわからない。健康状態もわからない。工場の安全対策も分からない。わからないことだらけである。しかもこの従業員は61歳。法で定める企業の雇用提供義務年齢は65歳。法的にもそうだが社会的にもまだまだ現役世代である。

    それなのに生物学的な一定の年齢になれば働かなくて当然。そして政府に食わして貰うのが当然。しかもそれが企業の雇用義務年齢の65歳未満でも当たり前。なぜ安易にそんな結論に到達してしまうのか?もしも従業員がたった2歳若い59歳だったとしたら何というつもりか?

    こういう人たちは「ねんきん定期便」も読まずきっと自分の年金の見込み額も知らずそれを知っても対策を立てようともせず文句を言い続けるのだろう 。馬鹿なのか惰弱なのか。たぶんその両方なのだろう。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか