• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ロシア、戦車関連部品を日本から迂回調達 中国経由で

日本経済新聞
38
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • badge
    拓殖大学大学院 客員教授

    迂回輸出の要に位置するのは中国。個人が持ってゆく半導体部品を使った電気製品、カメラ、スマホ、チタン合金使用のゴルフ用品などを取締るのは難しい。それより、戦争が起きない工夫、戦争に訴える指導者への懲罰の徹底しか対策はない。


注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    戦車に限らず、ドローンとかミサイルでも日本企業製の部品が使われているのは、2年前からいわれていることです。
     米国企業製の部品はもっとたくさん使われていいます。
     イランや北朝鮮でつくられている兵器にも同じことがいえます。

    チップとかレンズとかは、様々な民生品から取り出せるので、東芝もキャノンも村田製作所も、名だたる日本の製造業企業の製品がいくつも使われています。
     実のところ、止めるのはまず無理で、中国やドバイでこれらの企業の製品が入手できる以上は、ロシアも入手できます。


  • badge
    ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE, ロンドン大学) 客員研究員

    昔、イラク政府関係者が日本でプレステ2を大量に購入し、その中の半導体部品をミサイルに軍事転換したように、この種の規制は難しい。しかし経済安保で米国はそれをやろうとしている。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか