• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【TOTO】アメリカで「日本のトイレ」が売れ続けているワケ

NewsPicks編集部
347
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • 日経BP 編集部

    海外旅行中、街中でトイレに入るのは、潔癖症の私にとって、かなりのストレスがかかるイベントですが、「TOTO」のロゴを目にした時の感動はなかなかのものです。

    今では、海外でも多くのファンを持つようになったTOTOのウォシュレット。

    しかし、新たな市場に参入し、いちからブランドの認知を広げるにはかなりの時間と忍耐が必要です。

    海外市場を統括する田村さんを直撃し、どの国にも通用する、TOTO独自のマーケティング戦略に迫ります。


  • badge
    講談社 宣伝統括部担当部長

    読みごたえのあるインタビューでした。
    クリスマス商戦でウォシュレットが売れるというのは意外ですが、プレゼント目的だけではなく、購入のタイミングを待っている人が多いということなのでは。

    TOTOの海外展開には「安定感」を感じます。

    「海外進出で必ず実践している、3段階のマーケティング戦略は、
    ①ブランド認知、②市場浸透、③高級ブランド
    の確立からなる3つのアプローチは、世界のどの市場においても共通するものです。先進国、あるいは発展途上国であっても、その内容は変わりません」


  • badge
    NCB Lab. 代表

    外国人観光客が多い京都などでは、もっとショールームを人通りの多い場所に構えるのがいいのではないでしょうか。Apple Store並みの大きさで。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか