• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

スキマバイトの「タイミー」、正社員登用を促す新サービス

189
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

選択しているユーザー

  • 神戸市外国語大学 3年生(休学中)


注目のコメント

  • AXIS合同会社 代表

    そもそもピンハネ業のバイト版ですよね。
    おまけに法の抜け道をかいくぐって派遣法も適用されない。
    本来支払われるべき報酬から手数料を貰うという事は働き手の給与が低くなるという事です。
    良い人材、良い職場に出会って長く働いてもらったり、報酬を上げても一番おいしいのは関係ない紹介者ってビジネスモデルです。
    そこを回避する案として出したのがこの正社員登用サービスでしょうが、そこに至るまでに搾取を忘れない仕組みなのでしょう。

    時間単位で求人紹介するシステムは非常に時代にもマッチしていると思うので、マッチングという紹介に対する真っ当な報酬を受け取るサービスが出る事を期待します。というか派遣法を見直して、こういうピンハネは厳しく取り締まっていかないと、ただの労働者搾取ですよこれ。


  • badge
    株式会社TPL 代表取締役

    タイミーのマッチ率は90%と驚異的ですし、店側は需要に合わせた人の確保とリクルーティング。利用者側はスキマバイトだけでなく、通常勤務を迷ってるお店の確認と双方に利点大きいですよね。


  • NewsPicks Content Curator

    タイミーはミッションに「はたらく」を通じて人生の可能性を広げるインフラをつくる、を掲げています。そのため、これまでもタイミーでスキマバイトをした方を正規バイト・正社員として雇用することも禁止していませんでした。今回はミッション実現のために長期就業機会の提供に動くというもの。今後、どのタイミングでFinTechに参入するのか(もしくはしないのか)、非常に気になっています。

    「タイミーのワーカー数推移」
    21年末:200万人
    22年8月:300万人
    23年1月:400万人
    23年6月:500万人
    23年10月:600万人(4ヶ月)
    24年2月:700万人(4ヶ月)

    ちなみに、タイミーは若者ばかりが使っているように見えますが、40-50代の方も結構使われているそうです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか