• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

熊本で「土地成金」が続々誕生!「あそこは億単位のカネをもらった」嫌味を言われ陰口を叩かれ台湾半導体「TSMC」の進出で壊れた「地元の人間関係」

40
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

選択しているユーザー

  • badge
    iU(情報経営イノベーション専門職大学) 学長

    成金、陰口、嘆く・・。巨額プロジェクトを誘致しないほうがいいという主張ですかね。東京のメディアに書く資格があるのかな。ちなみにTSMC本拠の台湾・新北市の人たちからは、日本は家もクルマも安くていいね、と屈託なく言われますw 裕福になられて。


注目のコメント

  • badge
    りそなアセットマネジメント株式会社 チーフストラテジスト チーフエコノミスト

    熊本県全体では人口が減っています。そこでTSMCが高給で人を集めたら、周りは過疎化が加速します。外資が進出する地方では全く同じことがどこも起きています。人によっては撤退戦に入ったとまで言う人もいます。


  • AXIS合同会社 代表

    私は熊本市在住で菊陽町とは車で30分以上の距離ではありますけど、何にも変わらないですけど?
    そりゃ大きな工場を建てるという事で土地買収で大きなお金は局地的に動くでしょう。しかし、元々大津町菊陽町には半導体関連も含め大きな工場がある地域です。
    「空前の半導体バブル」って熊本市大津町菊陽町で80万人以上一応いるんですけど・・・
    求人関連すら多少は変化あるかな~ってレベルなのにバブルってなんすか?


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか