• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

「脱炭素化」の切り札として各国が熱視線を送るSMR、EUとフランスは次世代原発同盟を結成して原発に“マン振り” ドイツはロシアのガスを前提に脱原発・再エネシフトを進めたが、ロシアとの関係破たんでエネルギー価格が高騰

3
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • badge
    三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員

    私はゴルフをやりませんで、タイトルの意味を最初は正確に理解できませんでした。しかし、確かに原子力に全力で振り切っているのが、今のEUです。

    脱炭素化という名の産業振興にもなるわけですが、ある意味ではグリーンウォッシュな側面もありそうです。ドイツが先導し実証した脱原発の帰結が、フランスが主導する活原発の流れにつながるという、何とも皮肉な状況です。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか