• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【茂木健一郎】住宅選びで「緑豊かな郊外」の価値が上がるこれだけの理由

株式会社日本エスコン | NewsPicks Brand Design
349
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    (株)こうゆう 花まる学習会 代表

    さいたま市も良いですよ。私が住んでいるのは緑区の見沼区側ですが、広大な「みぬま田んぼ」という緑地があり、子どもとの散歩が最高に気持ち良いです。四季の花々も溢れ、ひばりにキジにタヌキにカワセミと小動物や鳥たちがたくさんいます。あとは芝川が綺麗にさえなれば完璧なのですが。
    ちなみにここは、航空写真を見て緑が多いことで決めました。


  • NewsPicks Brand Design Senior Editor

    初対面の際に必ず聞かれる「ご出身はどちらですか」という質問。普段、あまり意識しないふるさとの長所を、自慢げに語ってしまう人も多いのではないでしょうか。

    「上京してからの人生の方が長い」という方にとっても、出身地というのは特別な存在です。やはり、育った場所、住む場所はその人の生活や性格を形作るからこそ、初対面の相手に「住まい」について聞いてしまうのかもしれません。

    自分の人生にとって、どんな住まいが良いのか。子供にどんな出身地を用意してやったら良いのか。記事を読んであらためて考えさせられました。


  • 木工・内装業

    山に囲まれた信州に住んでいますが、3千m級の雄大なアルプスを何も考えず眺めるのが好きです。
    特に今の時期、雪に覆われた真っ白な稜線と、透き通る空の青さとのコントラストが本当に美しい。何十年と暮らしていますが、今だに飽きません。
    ただ、多くの若者がそうであるように、十代の頃の自分も、自然の癒しよりも都会の刺激を求め、早く高校を卒業して田舎から外に出たいと、そればかり考えていました(笑
    しかし、ビルに囲まれた都会で数年間暮らしたからこそ、より自然の有り難みに気づいたとも言えます。
    年齢によっても住みたい場所って結構変わるものです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか