• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

「『普通』に合わせなくていい」高校 新設した不登校配慮コース、入学者が3年で4倍に

28
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン
0 / 1000
シェアする

注目のコメント

  • badge
    株式会社ドコモgacoo コンテンツプロデュース部長

    “生徒一人一人の状況にしっかり応じた指導が必要だが、多くの学校ではまだその態勢が整っていない”

    松山学院高校(愛媛県)の投稿に不安を持つ生徒に配慮した運営に配慮した全日制「Newコース」の記事。
    小中学校における不登校児童生徒数は299,048人で10年連続で過去最多を更新(前年度比22.1%増(令和4年度文部科学省調査))。
    文科省では不登校の実態に配慮し特別な教育課程を編成できる「学びの多様化学校」(旧不登校特例校)を現在の24校(小中学校含む)から300校まで増やす方針。生徒児童の一人ひとりが学びたいときに学べる環境、その支援を地域がどう実現していくのか、私も二児の父としてとても関心があります。


  • ワンダーファイ(EdTech)

    素敵な取り組みです。こういうのがもっと増えて、何が普通なのか分からなくなればいいですね。普通科高校、という名称も時代遅れかもしれません。


  • 株式会社マイナビ 営業統括本部長

    学び場の多様化はとても良いことだけど、その先にある働き場の多様化が進まないといけない。その人たちもいずれ社会に出て働くことになるはずだから。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか