• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

新NISA1カ月、オルカン3400億円流入 海外熱は為替材料

日本経済新聞
372
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

選択しているユーザー

  • badge
    金融教育家

    オルカンの12月末の純資産残高は1兆8205億円でした。今年に入り3400億円の資金流入なので、わずか1か月で18.7%増えたことになります。新NISAで投資を始めた人、投資額を増やした人が相当いるんじゃないですかね。ただ、投資の基本は長期積立分散投資です。相場の動きに一喜一憂せず、持ち続けて増やしていきましょう。


注目のコメント

  • badge
    株式会社日本資産運用基盤グループ 代表取締役社長

    昨年末に発表された「資産運用立国実現プラン」では、「我が国の家計金融資産 2,115 兆円(2023年6月末時点)の半分以上を占める現預金が投資に向かい、企業価値向上の恩恵が家計に還元されることで、更なる投資や消費につなげ、家計の勤労所得に加え金融資産所得も増やしていく資金の流れを創出し、『成長と分配の好循環』を実現していくことが重要」と述べられており、一連の諸施策を通じて日本国内におけるインベストメントチェーンの活性化の実現を目指すというゴールが掲げられています。
    同プランでは、スチュワードシップ活動の実質化等を通じ、投資対象としての日本企業株式の魅力も高め、動き出す家計金融資産の資金が日本株式に向かうような流れを創出することを目指しているように見受けられますが、本記事のように新NISAを通じた家計資金が海外に「流出」する流れが大きい現状を見ると、国内におけるインベストメントチェーンの連環が企図した通りに動いていないように思われます。


  • みんな「いっぺんに何百万も突っ込んでる」わけじゃないですよね。やっぱ「数の力」ってすごいなあ…。
    ということで、皆さん選挙にはちゃんといきましょう(笑)。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか