• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

ロシア軍が大規模ミサイル攻撃 ウクライナ大統領「18人死亡」

13
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    ウクライナ軍によるロシアのミサイルに対する撃墜率が落ちてきています。
     ロシアが冬になって温存してきた超音速ミサイルを投入してきた、それにオトリに使えるドローンを大量生産して大量投入している、ということもありますが、ウクライナ軍の地対空ミサイルが枯渇してきています。
     米国からの支援が、米国議会のゴタゴタで滞っているためです。

    オトリのドローンといえども、撃ち落とさなければ自爆するし、片っ端から迎撃せざるをえません。
     ウクライナ軍の地対空ミサイルはまだ底を突いている訳ではありませんが、補給が無ければ、1か月もすれば非常に苦しくなります。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか