• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

S&P500種、2年ぶりに終値で最高値更新 強気相場を確認

183
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド 東G(4436) 副社長 COO

    きょうのNY株式市場でダウ平均は続伸。
    終値はダウ工業株30種平均が395.19ドル高の3万7863.80ドル、ナスダック総合指数が255.32高の1万5310.97、S&P500が58.87高の4839.81。ダウ平均、
    S&P500は終値ベースの史上最高値更新。

    ダウ平均は寄り付きから100ドル超の上昇。
    その後少し売りが入り、前日比マイナス圏をいったん付けたがすぐに回復。
    その後は株高の動きとなり一時37933.73ドルと前日比460ドル超の上昇となりました。

    ダウ採用銘柄では、第4四半期一株当たり利益がアナリスト予想を上回ったことで時間外から買いが入っていたトラベラーズがNY市場に入っても堅調さを維持し、6.72%高で引けています。
    序盤から好調のマクドナルド、セールスフォースなども堅調地合いを維持し、朝は売りが出ていたゴールドマンサックスが反発し、1.4%高で引けるなど、全般に堅調地合い。
    ユナイテッドヘルスが2.48%の下げと軟調。

    30銘柄中25銘柄が上昇、下げ銘柄もユナイテッドヘルスを除くと下落率1%未満と全般にしっかり。
    ハイテク関連が強く、上記以外ではIBM、インテルの買いが目立ち、アップル、マイクロソフトも1%を超える上昇。

    ハイテクの強さからGAFA関連も総じて堅調。
    とくに金融会社れーもんどジェームズが目標株価を引き上げた半導体大手AMDは7.1%の上昇で同社の最高値を更新しています。
    エヌビディアが4%強の上昇、アルファベット(グーグル)が2%の上昇など総じてしっかり。

    エクストリームGREED寸前GREED継続で、VIXも低下。
    多様なリスク要因あるものの上昇相場が続いています。


  • 株式会社SHIFT EVACコンサルティンググループ MD

    この数年、コロナでの急降下はあったものの米株は上がり続ける感覚が浸透してしまった。

    ここまで上がっていると確実に売りたくなる。その意思決定に正解はないが、正解たらしめるためにバリュエーションやチャートがあるわけだろうけどプロでも判断誤りまくっているわけで、素人が手を出してもゲームでしかないと思う。

    よって積み立てがコスパナンバーワンだと思う。THIS TIME IS DIFFERNT 級の変革期待は実は何度も何度も繰り返されているので、ここに張るとかも結局長期では誤った判断にならないか?というより、こういった局面で儲けても、やはり株で最大の問題は売り時をどうするか?ということ。
    積み立ては、価格平準化というより一定期間絶対売らないという、マーケットに対して感情的な行動を一切取らずに一貫した態度を取り続けて雑音をなくすことが最も優れている。
    この雑音をプロに持ってかれるという構造は確実にある。


  • 公認会計士 Fintechコンサルタント

    私は売りました…

    追記
    全部ではありません(^^)


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか