• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

イランが石油タンカー拿捕 ホルムズ海峡付近、航行安全への脅威拡大も

29
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    このタンカー(ギリシアのEmpire Navigation社が所有するSt Nikolas)は、もともとイランの革命防衛隊が運用していたのを、2023年に米国が経済制裁の一環として拿捕したものです。

    イランにすれば、もともとは自分の物だったタンカーを奪還したことになります。
     特にそういう因縁のあるタンカーであったから拿捕した、ということで、イランが無制限にホルムズ海峡を封鎖しだした、という訳ではないでしょう。

    もちろん、米国から見れば、イランによる「奪還」は不法なもので、かつての米国による拿捕は国連安全保障理事会決議に基づく正当なものです。
     米国が、このままでは済まさない可能性はあります。


  • badge
    国際政治アナリスト 危機管理コンサルタント

    昨年イラン原油を運んでいて米国に拿捕されたことがありましたが、その時と同じ船を今度はイランが拿捕したとのこと。米国に対する報復の意味もありますが、現在、米英がイエメンのフーシ派の拠点に対する軍事攻撃を検討しているので、もし米英がそのような行動に出た場合、もっと面倒くさいことになるぞ、という警告の意味もあるのではないかと思います。
     紅海からペルシャ湾まで、中東の海はさらに荒れそうです。


  • 島人系SE 社員

    シーア派を英米が攻撃したそばからイランが暴れてるのがなぁ。今年も不況だなと


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか