• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

西村・前経産相ら安倍派幹部を再聴取、還流継続の経緯を確認か…近く立件可否を判断へ

読売新聞
6
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    毎日新聞 客員編集委員

    安倍派幹部すべてお咎めなし、ではすまされないと検察は考えているはずです。今回の捜査は、「政権に忖度しない検察」を見せる好機でもあります。それは日本の民主主義の堅持に資することだとも思います。少なくとも幹部1人は立件するのでは、と見る向きが多いようです。いったんやめたキックバックは再開したというのは、検察にとっては見逃せない事案でもあり、突破口にもなりうるものです。
    この記事は、捜査が急進展する可能性も見据えて、とりあえず前打ち的に書いておく保険的な意味合いもあるでしょう。いつ動くか、それとも動かないのか。事件記者たちの胃が痛くなる思いを想起します。


  • 落書き

    検察の捜査は客観的証拠のみに基づいて行われるものであり、政権に忖度することなど考えられません。よく黒川さんのことが語られますが安倍元総理と彼は親しかったわけでなく、ましてや元総理の守護神だったなどというのは陰謀論です。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか