• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

通称「P&Gマフィア」。P&G出身者はなぜ多くの企業で大活躍しているのか?

ダイヤモンド・オンライン
288
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 和田 崇
    badge
    ㍿Laboro.AI 執行役員/マーケティング部長

    マーケティング界隈では有名な話ですが、P&Gは世界で初めてブランドという概念をビジネスに取り入れた企業として知られています。

    当初ブランドは家畜の所有者を示すための焼印が始まりと言われていますが、商品にこうしたブランドを冠するようになったのは、1800年代、石鹸メーカーとして創業されたP&Gが「アイボリー」という名を付けた石鹸を発売したことが初まりと言われています。

    ブランドやマーケティングの重要性を世の中に知らしめ、またマーケティングによって成功することを証明した企業がP&Gでもあり、言い方を変えれば、ビジネスにおけるマーケティングの在り方やルールを作ってきた企業の一つが、このP&Gだとも言えるのだと思います。

    マーケティングやブランディングという領域は、感覚的で、センスが求められ、決まったやり方も答えもない世界だと思われがちですが、こうしてP&Gの歴史を辿っていくと、確かにそこには一定のセオリーがあり、ハウツーがあり、成功に近づくためのやり方が見出されることに気付きます。

    世界一のマーケティング企業とも言われるP&Gには、他社には模倣不可能なマーケティング・ノウハウが蓄積されていて、またそれが歴々と受け継がれているからこそ、ビジネスそのものだけでなく、多くのマーケティング人材を生み出すことにも繋がっているのでしょう。


  • 高田 敦史
    badge
    A.T. Marketing Solution 代表 VISOLAB(株)CMO マーケティング、ブランディング

    P&Gのブランドマネージャー候補者は別枠で採用され、入社後は徹底的に鍛えられ、着いてこられない人は振り落とされていく非常に厳しい世界。

    私の知り合いもその激務に耐えながら仕事に邁進していたが「自分がここまで辛い思いをして洗剤を売ることで何か世の中に貢献しているのだろうか」と思ってしまった時に激務に耐えられなくなり退社したと言ってました。

    P&Gでの経験は他業界にも転用できるのも大きい。私はかつて自動車業界にいて独立したが、自動車のビジネスモデルは特殊過ぎて他業種では使い物になりません。


  • 石戸 亮
    badge
    小林製薬株式会社 執行役員CDO(チーフ・デジタル・オフィサー)

    現在、要職に就かれて活躍されている方はP&Gの20-30年前くらいに入社され、まだ社名も日本ではあまり知られておらずまるでベンチャースピリットかの如く入社されたであろうと想像します。P&G流の洗練されたマーケティングメソッドに加え今では組織も大きく分業制も加速しているかと思いますが、当時は組織の枠組みを超えてオーナーシップを持ち成果を出すような組織フェーズや組織構造を経験されてきた印象です。
    となると、少しアングル変わりますが、現在メガベンチャーで経験された方がオーナーシップを活かして、大手企業でも活躍できる可能性があるのでは、と感じることがあります。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか