今日のオリジナル番組


詳細を確認
スタートアップのあるべき姿【Luup岡井大輝】
本日配信
232Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヤン坊マー坊天気予報で育った世代としては、昔の面影もテーマソングも懐かしいですが、すでに天気予報はWeb版では2013年に、テレビ版も2014年に終了してしまっており、少なくとも「ヤンマーが対象とする、農業や漁業に従事する大衆向けの広告を兼ねた天気予報」という役割は終わったと考えるべきなのでしょう。そのまま天気予報のヤンマーでいてほしかったのですが、そちらのビジネスについて参入してくることもありませんでした。NHKの番組「ねほりんぱほりん」がヤン坊マー坊天気予報のオマージュなのが分からない方も、若い方を中心に多くあるように見受けられます。

今後のヤンマーの事業の多角化を考えるにつけ、そうした昔のイメージをある意味で捨てる必要があるということなのでしょう。この件に関連して検索していて出てきた記事中にある、ヤンマー社員の方のご発言にも「もちろん2人は大切なキャラクターではありますが、「農業はかっこいい」ということをグローバルに伝えられるキャラクターかというと、やはり違います」とあるのが、端的なこれからのキャラクターの要件を示しているように思われます。それ自体は時代の移り変わりということで正しい経営判断だと理解しております。

願わくば、権利の関係などもあるでしょうが、Webサイトのどこかや、ヤンマーミュージアムのどこかでも構いませんが、歴代のヤン坊マー坊の動画でも閲覧でき、懐かしい思い出に浸れる場所を作っていただければ…!ニッチだと思いますが、そういうニーズもあるんです…
変更が難しいようで、実はヤン坊マー坊の場合は時代に併せて変化することができる柔軟性があるのかも知れないと思いました。対になる二人の男の子というフォーマットの強さと、そして何よりヤンマーの本質を簡潔に表現したテーマソングの存在も大きいのではないでしょうか。芯にあるものが強く普遍なものだと、表面的なところは時代に併せて変化することができるという企業のアイデンティティを考える上でも興味深いケースだと思います。
旧ヤンボーマンボーを知っている世代からすると抵抗感があるのは仕方ない事かなと思います。ただ、この話題を20代としたら誰も知らなかったので、もはやキャラ変というより、キャラを新たに浸透させるフェーズに入っているのかなと思います。

一方で、三案のデザインが似過ぎているので、社内で三案まで絞って決めきれずに民意に問うことにしたのかなぁと邪推してしまいました。
「ヤン坊マー坊」、確かにこれは変わりすぎて拒否感がある人がいそうですね。もっとほっこり可愛い方向性がよかったかもです。

リニューアル一般投票の公式サイトはこちら
https://www.yanmar.com/jp/about/yanboh_marboh/vote/
ここ5年で海外売上が5割から6割くらいに増えてきているグローバル企業なので、黒髪パッツンのデザインから、よりユニバーサルなデザインなものに変えようという試みだと思う。

ヤンマー自身も「国内では認知度が高いヤン坊マー坊だが、海外での認知度は低く、デザインの刷新やアニメなどを通して海外での訴求力を高めたい考え」と言っているし。

そもそもB2Cでも無く、広く一般に目にする機会も無いので、ターゲット層ではない人に広く認知を再獲得するための施策として、敢えて波紋を呼ぶアプローチを採っているようにも思える。
プリキュアみたいにその時代のキャラってことで、歴代キャラ総出演ものつくったらみんなハッピーになるんじゃない🤯笑
まだやってるんですか、天気予報?
半可通ながらいろいろなところで聞く話で、最近のキャラは動画で(場合によってはメタバースで)動かしたりもするので完全に二次元を前提としているアニメ絵はメディア展開が辛いという点も、出す側の論理としてはあるのだと思います。例えばスネオやサザエさんの前髪や毛利蘭のツノなどが立体での再現が難しいとか聞きます。そこを考えるとアンパンマンの着ぐるみからポスターからアニメ、絵本までの展開での安定ぶりは凄まじいですね。おそらくやなせたかし氏の職業デザイナー時代の癖みたいなものが表に出たのだと思います。
Vtuberは顔と胴体手足や目鼻のパーツがレイヤーで切り出されていれば専用ソフト上でフェイストラッキング・モーショントラッキングすることで生で動かすことができます。アジアあたりでのマーケティングを考えた時に、日本のキャラに吹き替えをするのでなく現地のVtuberを採用して言葉や仕草まで演じさせることの効果まで考えれば本件にとどまらないキャラのモダナイズとでも言うべき流れなんじゃないでしょうか。実際のところは知りませんが。
と思ったのもヤン坊マー坊の天気予報は下手したら白黒くらいの時代からアニメーションを使って表現されていた気がする(ひょっとしたらYouTubeにあるかも)のでパイオニアとしてそういうお考えじゃないかと思った次第。
米菓で国内売上高首位。「亀田の柿の種」「ハッピーターン」等が主力商品。米国、中国、タイ、ベトナムに海外展開。新工場等の投資やM&A、アライアンスによる海外事業拡大を図る。保存食や米由来の健康食品を扱う新規事業も展開。
時価総額
962 億円

業績

業績