250Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
需要と供給のバランスで賃金が上昇するのは健全なことだと思います。ニセコはインバウンドで稼ぐリゾートなので、円安の現状では円ベースでの客単価は上がってきているはずです。

客単価を上げていくのは、賃金に反映させる以外にも日本の観光にとってメリットがあると考えます。

例えば、客層を絞って、来客を減らすかわりに高級なサービスを提供していく方向で取り組み、オーバーツーリズムを解消したりできるかもしれません。また、外国人観光客のマナーの問題も、客単価と相関があればですが、少しは解消されるかもしれません。
時給が2,000円になったとしても豪州の最低賃金(時給23.23オーストラリア・ドル:約2,230円、1豪ドル=約96円)に及びません。豪州からワーキングホリデー制度を使ってスキーリゾートで働こうとしている若者はもう少し時給を上げてもらいたいと思っているはずです。
ウィンターシーズンだけでなく、オールシーズンで働くことが出来れば、時給2,000円×1日8時間×週5日間×1年52週間=416万円です。今後、全国的に最低賃金が時給2,000円になれば、社会の景色も少しは変わるのではないでしょうか。
北海道でも九州(熊本県)でも、外資と外国人が来るところは賃金が急速に上がっているようですね・・・ 多くの発展途上国が経験したことが、いまじゃ日本で起きている。円安が災いして日本がこれほど貧しくなればむべなるかな。喜ぶべきか悲しむべきか、悩ましい思いです (・。・;
危機的な人手不足に対する高待遇条件による募集。
しのぎを削るホテル激戦区だからこそ、大量採用後のインターナルブランディングやとオペレーションクオリティの維持と向上をいかにして行っているのか、非常に気になります。それにしても有効求人倍率9倍は凄まじい。
都内よりも高い!学生時代だったらリゾートバイト感覚でニセコに来たかも→倶知安町内で新店舗を設ける牛丼店「すき家」も高い時給を設定している。日中の時給は1500円
外貨の獲得と収入増がつながり、それが地元に再投資されるお金として蓄積されていくのは良いことだと思いますが、外資が外国人を雇い、外国に利益を吸い上げる動きであるならば日本を消費する行為ですので後者はよくよく気をつけなければなりません。
TSMC熊本工場の食堂パート時給3000円には少し劣るかもしれませんね。
ニセコは日本国内にある「海外」のようなものです。
円換算すればとても裕福な外国人がたくさんいます。

施設掃除の時給が2200円と中途半端に高いのは、それなりの供給があるからでしょうね〜。
米国本土だったら、とても安い時給なのでしょう。
2200円はかなり高水準ですが、各観光地で同じような状況になりそうですね。観光施設などのリゾートバイトは、地元民以外に大学生も主な供給元ですが、ここに就活早期化やインターンシップ活性化がどう影響してくるかもポイントです。
2200円払っても充分儲けが出るビジネスになっている、という証拠ですね。とても健全。需要を作り出せれば供給側の給料が上がるのでどんどんやればいいと思います