92Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
恐らくこれから人手不足などで継続が厳しくなる中小企業が増えるでしょうから、近い将来、後継者難以外の中小企業にも拡充の方向に行くのではと思います。
どんな企業を買うかによって計算が難しそうですが、細かい規定せずにどんどん促進したらどうだろう
"買収した株式取得額の最大100%を税務上の費用(損金)に算入できるようにする。"
後継者難の売却・事業譲渡は既にかなり多いので、よりそれが進めばと思います。→「中小企業同士のM&Aでは1社目の70%、2社目は90%、3社目以降は100%を損金算入できる方向で調整する。」
産業効率向上のために中堅と中小の処遇を分ける必要もなし。
ただし、事前計画よりも事後検証を行うべきではないか。
2024年から、中小企業のM&Aにおける株式取得額が最大100%損金参入可能へ。中小企業同士のM&Aでは1社目の70%、2社目は90%、3社目以降は100%だそうです。この法案が通るとM&Aの加速を促しそうです。
買収するインセンティブが上がる。そして集約によって規模が増えたり、慢性的な供給過剰が解消されやすくなり、とても良いと思う。
これもっと早くやって欲しかったなー!!!!!!