今日のオリジナル番組


詳細を確認
No More Rules 業界の改革者になるには?
本日配信
77Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前のニュースによると出力が3.5メガワットで、風力や太陽光の補足としての地熱エネルギー利用の位置付けだったかと思います。
https://fervoenergy.com/fervo-energy-announces-technology-breakthrough-in-next-generation-geothermal/

一方でケニアのEcocloud Data Centreのプロジェクトなど、データセンターで100%地熱利用のところもありますし、米国エネルギー省の報告によると、同国は2050 年までに 120 ギガワット(国内需要の16%)を超える地熱容量を解放できる可能性があるとしています。

今回Googleと連携している地熱発電事業者であるFervo Energyでも、ユタ州でさらに大規模な400メガワット以上の電力の生成を検討していると言われており、地熱発電の勢いを感じます。
アメリカは2つのイノベーションによって、今地熱ブームがまさに起こらんとしていて、Frevoは「EGS(Enhanced Geothermal Sysytem=強化地熱システム)」と呼ばれるテクノロジーでブレークスルーしようとしており、今回米国初の運用開始で注目を集めています。ちなみに、もう一つがClosed-loopと呼ばれる技術で、その担い手のEavor technologiesには日本から中部電力も出資しています。

参考: https://newspicks.com/news/8364774/body
日本では、熱水が豊富な地熱発電の有望地域が温泉地や国立公園にあるため、地熱発電があまり進んでいません。砂漠に注水して地熱発電できる米国はうらやましい限りです。

超高温高圧な深部の超臨界水を利用した超臨界地熱発電に夢を感じますが、実用化は当分先になりそうです。
1時間で18TWという電力を使うGoogle Cloudの電力をより持続的かつ安定的に調達するために地熱を使うアイデアは、天候次第で他電源や蓄電との組み合わせが必須の太陽光や風力に比べて可能性があります。

一方で、水の問題はセンシティブで、コンピュータの冷却にも大量の水が必要なため、地熱を取り出すための地下水の組み上げは周辺地域への影響が心配です。
地熱発電を利用するリリース自体は11月28日のようです。GoogleはFervoというスタートアップと組んで、このカーボンフリーなデータセンターを作ろうとしているのだそう。
個人的なことなのですが、私九州出身でして八丁原地熱発電所に社会科見学にもいったことあるし、地熱発電がもっともっと人間のエネルギー源に転換できればなと思っており...データセンターの電源というのはなんだか相性良さそうな気がします。これには期待しちゃいます。
リリースは下記
https://blog.google/outreach-initiatives/sustainability/google-fervo-geothermal-energy-partnership/