• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

AI活用方法「調べもの」首位 グーグル対話型ランキング

77
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    AI Venture - AI Brain Explorer

    Google検索の延長にとどまる結果に

    1位の「事実に関する調べもの」はGoogle検索そのもの。一方、下位の活用法が生成AIならでは。
    ユーザーか生成AIに慣れてくると、このランキングも変わりそうです。特に、「新たな見解を得る」や「要点をまとてめる」は、もっと上位になるはず。

    1位「事実に関する調べもの」
    2位「専門的なトピックの相談」
    3位「プログラミング」
    4位「翻訳」
    5位「文章の編集」
    6位「雑談・おしゃべり」
    7位「新たな見解を得る」
    8位「要点をまとてめる」
    9位「言葉を調べる」
    10位「文書を完成させる」

    ※より詳細な記事
    https://ascii.jp/elem/000/004/172/4172666/


  • badge
    三菱総合研究所 執行役員兼研究理事 生成AIラボセンター長

    このランキングを見ると、Bardを使うのは技術者が多そうですね。一般ユーザはあまり使っていないかも。


  • iU(情報経営イノベーション専門職大学) 学長

    今んとこぼくは翻訳や編集での利用が多いけれど、みんなの使い方を教えてもらってまだまだ使い道やジャンルが広がりそう。AIの開発とともに、利用法の開発と共有が大事になってきます。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

新しい記事ページ
を表示しています

ご意見・ご要望はこちらまで

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか