今日のオリジナル番組


詳細を確認
スタートアップのあるべき姿【Luup岡井大輝】
本日配信
271Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
生成AIの今のレベルは、出された情報の正しさや質の高さはユーザーが判断しなければならない段階だと感じます。また、プロンプトをうまく打てる技術は必要となるので、雇用を完全に奪い去るというよりも、劇的な効率化につながるのでは無いでしょうか。

まずは働き手が枯渇していて、勤務時間で仕事量をカバーしている医療業界や義務教育の教師の様な領域から使われる様にするのが良いと思います。効率化を進めることは悪ではなく、人の時間を捻出する事なので、心配するよりも使う事のほうが重要でしょう。

起きてもいないことを心配して遠ざけるのではなく、より深く知ってどの様に使うべきかを考えるほうが建設的ではないでしょうか。
生成AI動向の良いまとめです。特にリスク、各国AI規制、大手AI企業の動きが概観できます。

扱いは小さいですが、選挙への影響は強く危惧されています。米国大統領選挙を控えて、フェイクニュース周りのAI規制が先行しそうです。
AI自体最も拡大成長している市場です。その中から生成AIの市場も割り出せるように。
生成AIの市場規模は、今年は2兆円ほど。そして2032年には、今年の9倍近くとなる1180億ドル、17兆円余りに達すると見込まれています。

記事に付け加えるリスクとしては、AIの倫理性があります。欧米だと必ず課題として上がる問題です。
具体的には、偏見を助長する差別的な示唆を含むか、犯罪を促す内容かなどの倫理的側面が課題とされています。国内記事では敢えて抜いたのでしょうか。
やっと一年ですね。この一年はAI業界にとって激動だったと感じましたが、この流れはまだまだ続くでしょう。
また、誤情報の拡散などのリスクについては使う側が判断などをしっかりすることで防げるものです。
デジタルは完璧、間違えない。なんてことはありません。ちゃんとリスクを理解しつつ付き合っていくことが必要です。
医療分野でもChatGPTをはじめとした生成AIの活用方法が模索されていますが、現状では正確な情報を取得することは困難です。これは、学習している医学的内容自体がそもそも間違っている可能性などが考えられます。一方で、医療分野に特化した大規模言語を学習している生成AI(例:Glass AI)ではすでに医療者に対してアドバイスをできるレベルまで成熟しており、今後さらなる活用が期待されています。
まだたったの一年ですか…
自然言語処理の分野に身を置く自分にとっては、とてつもないほど目まぐるしく、体感3年分くらいの情報を浴びせられているような気持ちです
これほど短期間で世界を変えたプロダクトは最近では殆どなかったと思います。
とはいえ、人のやるべが仕事は結構変わるというインパクトはありそうですよね。
それに対応するためには継続的な教育システムも必要ですよね。
活用を前提としたリテラシーの向上とルールメイキングが、どの組織でも必要ですね。

業績

業績

Amazon is a leading online retailer and one of the highest-grossing e-commerce aggregators, with $386 billion in net sales and approximately $578 billion in estimated physical/digital online gross merchandise volume in 2021.
時価総額
263 兆円

業績

Based in Stamford, Conn., Gartner provides independent research and analysis on information technology and other related technology industries.
時価総額
5.21 兆円

業績

Meta is the world's largest online social network, with nearly 4 billion family of apps monthly active users.
時価総額
182 兆円

業績