今日のオリジナル番組


詳細を確認
スタートアップのあるべき姿【Luup岡井大輝】
本日配信
268Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
明日でChatGPTの出現から1年が経過となります。

元Amazonジャパン社員の目から見ると、当時の社内の様子としてはグローバルレベルで見てもGPTの使用に関して関心があるメンバー及びチームはほぼ少数でありました。やっとここまで来たかという印象です。がさすがプラットフォーマーとしてのスピード感は素晴らしいものがあります。この流れでついにどこの企業も手をつけざるを得ない状況になってきたんだと考えています。

色々な取り組みの中で、GPT及びAIに対する考え方も1年経って変わってきつつあります。まさに今後重要になってくるのがどう社会にフィットするのかどう社会にフィットさせ意識せずにAIを使うようになるのかそんなようなところだと考えています。

アマゾンのアマゾンQの発表を見て、私たちは大きな技術トレンドの渦中にいることを強く感じます。元アマゾンジャパン合同会社の社員として、このような技術進歩が企業レベルでどれほど迅速に採用されているかを目の当たりにすると、世界がいかに急速に変化しているかが明らかです。AIの進化とその実用化は、今後のビジネスと日常生活において重要な役割を果たすと考える。
Microsoft 365 Copilotの対抗馬が登場

Copilotが月額30ドルなのに対して、Amazon Qが月額20ドルなのも意図的でしょうね。企業のビジネスデータがMicrosoft 365にあるか、AWS上にあるかで、利用が分かれそうです。

クラウドプラットフォーマーによる生成AI競争の本丸が、このビジネスデータ活用のRAG (Retrieval-Augmented Generation) でしょうね。

Amazon Q
https://aws.amazon.com/jp/q/
Amazon Qは、ChatGPTのAmazon版のようです。
かなり出遅れましたが、そこはAWSという圧倒的なボリュームの開発者を抱えるAmazonなので、そのリソースを活用した広め方を見出しています。

とはいえ開発者はシビアですから、リリースしたことよりもその精度や使いやすさが大事。
ChatGPTへの期待をAmazon Qは超えることができるのでしょうか。
法人向けChatGPTのAmazon版ですね。MicrosoftのAzure OpenAI Serviceに対抗するサービスと言ってもよいでしょう。

どのLLMをベースにしているか調べねば。
開催中のAWS re:Inventでの発表。
記事にあるAmazon Qが目玉だが、下記liveを見ると、様々な発表がある。
https://www.aboutamazon.com/news/aws-reinvent-2023-live

Amazon Qは、生成AIによるアシスタント。
佐々木さんが張って下さっているQ専用のページも含めて見ると(有難うございます!)、極めて汎用性が高い印象。
上のリリースでは、最初にアピールしているのがセキュリティ・プライバシーを意識したものである点。そしてユースケースには、開発者向けでAWSでのビルドや負荷調整の支援、コールセンターで顧客対応を早く正確に(レンタカーの規約なども意識しながら、という具体例がある)。また会社の様々なシステムに接続し、従業員が対話形式で色々出来るとある。

ただ、良くも悪くもAWSはインフラ。
MSとGoogleは、Office / G Suiteでユーザーとの接点が直接ソフトウェアである。一方でAWSはインフラとして最大シェアだが、それがない。なので非開発者は、AWSで構築されたサービスか、自社が様々なシステムとAmazon Qを接続するという意思決定・実装をした場合か、ChatGPT的な単独の生成AIインターフェースからの接点となる。ホワイトワーカーの業務支援、という観点でここがボトルネックとなりそう。
逆にOfficeが圧倒的だったがクラウド化でG Suiteがシェアを取ったように、Notionのような次世代のホワイトワーカーツール、あとは巨大企業ではあるがSalesforceのようなホワイトワーカーで特化型でかなりシェア・ユーザー数があるものの買収があると、一気に顧客接点が増える。あとはパートナーシップ。

Amazon Q以外では、 半導体領域でTrainium2という学習チップの第2世代(4月のBedrockの発表時に、Trainiumを活用したTrn1nというインスタンスも発表済)、ArmベースのサーバーチップのGravtion4(Xeonも使いながら着々と開発進めている印象)も発表。
あとは、Bedrockでの様々な機能の追加・強化なども発表。

Amazon、生成AI参入 自社クラウド経由で提供(2023年4月)
https://newspicks.com/news/8338354
いまクラウド市場の覇権を左右する鍵は生成AIを押さえられるかであり、OpenAIとタッグを組んでシェアを広げているMSに対抗するためにAmazonがこうした動きをするのは必然。

ただ、ジェフ・ベゾスがナデラばりにトップダウンで生成AIにコミットしない限り、ここから追いつくのは結構厳しいと思います。
SiriとAlexaをかなり前から出しているAppleとAmazonはLLMの領域では非常に出遅れているので、巻き返しできるか注目です。

SiriとAlexaはかなり性能が悪く、音声アシスタントとしては十分に機能しないので、早急な進化が必要だと感じています。
せっかくスマートホームでシェアもってるんだからまだどこも達成できていない領域踏み込めばいいのに。。
ちなみにスマートホームはB2Bでもめちゃめちゃ需要増えると思う
AI競争も苛烈になってきましたね💦
ITの巨人たちが戦う中で、スタートアップがどこを取りに行けるか、気になるところです。
Alexaに搭載してくるものをそのままAWSで提供することで相乗効果を狙う感じですね。
一般利用と法人向けでそれぞれ利用を進めアップデートも行なっていく。MicrosoftのAzure AIと用途自体は少し異なりますが進め方は同じですね。

一般に強いAmazon、法人に強いMicrosoft。
AIの進化も少し違ってくるかもしれませんね。

業績

Amazon is a leading online retailer and one of the highest-grossing e-commerce aggregators, with $386 billion in net sales and approximately $578 billion in estimated physical/digital online gross merchandise volume in 2021.
時価総額
263 兆円

業績