• 特集
  • 番組
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

人質50人解放へ戦闘休止 イスラエル、4日間承認

200
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


のアイコン

注目のコメント

  • badge
    静岡県立大学国際関係学部 准教授

    基本的には、
    ・ハマースが人質50人を解放
    ・4日間の一時戦闘停止
    という合意です。

    イスラエルが捕えているパレスティナ側の囚人150人を釈放、というのは、ハマース側が言っているだけで、イスラエル政府はコメントしていません。
     交渉条件の釣り合いを考えれば、ありそうな話ですが。

    イスラエルの戦争目標は、
    1.ガザ地区の脅威(≒ハマース)の殲滅
    2.人質200人前後の解放(その多くはイスラエル人以外)
    です。
     1.と2.は同時に達成するのは難しいところがあり、優先されるのは1.の方です。
     イスラエルは、今後再び1000人がハマースに殺害するのを防ぐために、200人の人質を犠牲にする、という決断ができる国です。
     ただし、ユダヤ人は同胞を1人でも見捨てない、というのはいわば国家以前の民族としての原則です。

    ハマースの目標は、ガザ地区の実効支配を維持して、生存することです。
     たとえ何万人死んでも、イスラエルの軍事作戦が終わり、ガザ地区の実効支配を維持できれば勝利であり、大勝利として喧伝するでしょう。

    当面の問題は、人質50人の解放が、円滑に進むかどうかです。
     4日間の一時戦闘停止の後、イスラエルが軍事作戦を再開するのはほぼ確実なので、それではハマースの生存という目標達成に程遠いです。
     ハマースは、この後何らかの打開策に出る、と考える方が合理的です。


  • 埼玉医科大学総合医療センター 助教、日本呼吸器学会専門医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医

    このニュースは見るたびに胸が苦しくなる。数多のユダヤ人がホロコーストの犠牲となり、その上でイスラエルが建国されたからと言って、それはガザでの虐殺の免罪符とはならない。現在進行系の戦争犯罪に、国際社会がいかに無力か思い知らされる出来事です。
    日本はアメリカやドイツなどの西側諸国とは一線を引き、早期の停戦を強く訴えるべきです。それがウクライナへのロシアの侵攻を含む国際法違反の出来事は強く非難されるべきという、普遍的な価値感の普及にも繋がると思います。


  • badge
    拓殖大学大学院 客員教授

    イスラエルはハマスを抹殺するまで戦うつもりだろう。この機会にパレスチナ問題を一挙に解決、いや消滅させてしまう機会が到来したと判断した。それも早い時期に決断していた。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか